ローマン・ゴンサレスKO負けに改めて思った2つのこと

ボクシング

先週は「おおっ!」とエキサイトしたスポーツが4つあったのですが、そのうちの一つはボクシング。

井上尚弥選手のセンセーショナルな米国デビュー戦は「すごい!」の一言。
オマール・ナルバエスをKOして「これは本物だ!」と感じたのですが(遅い?)、やっぱり本物でした。間違いない。

その一方でローマン・ゴンサレスのKO負けは衝撃でした。
まさかKO負けとは…

 

 

試合を見て思った2つのこと

KO負けだったこと、そして今年3月まで46全勝(38KO)だったローマン・ゴンサレス(以下、「チョコラティート」(愛称))が連敗したことのインパクトが強烈だったのですが、試合を見ていて思ったことが大きく2つありました。

(※日本でよく書かれる「ロマゴン」という呼び名は使いたくないので使いません(^^))

 

1. 階級(体格)の限界は必ずある

昨日の試合は、始まった時から対戦相手のシーサケットとの体格の差を感じました。
シーサケットが大きく見えるのか、チョコラティートが小さく見えるのか。

ウェルター級、スーパーウェルター級でのフロイド・メイウェザーのようにスピードで相手を圧倒するタイプなら別ですが、チョコラティートはガードしながらも積極的に前に出て攻撃するスタイルだし、元からスピードが特別速いわけでもなく、シーサケットとスピードに差はないように感じたので、体格差がちょっとなぁ…と。

ミニマム級、ライトフライ級、フライ級まではパンチの破壊力も抜群でしたが、スーパーフライ級では厳しそう。
やっぱり階級(体格)の限界はあるんだなぁと感じます。

 

5階級制覇したメイウェザーもウェルター級以上に転向してから判定が多くなったし、6階級(実質8階級)制覇したパッキャオもウェルター級転向以降はやっぱりKOできなくなっているので、誰にでもある限界なのでしょうけど、チョコラティートの場合はスーパーフライ級だったということかと。

シーサケットのカウンターが見事に決まったのは確かだけど、今まで相手をバンバン倒していたチョコラティートがあんなふうにバッタリ倒れるとは…

 

2.「5階級制覇」、「49-0」はやっぱりとてつもない記録

今から2年前に、メイウェザーとロッキー・マルシアノの「49-0(49戦49勝0敗)」の記録を超えそうなボクサーとしてチョコラティートを挙げていました。

 

 

まさか46勝で途絶えて、その後同じ相手に連敗するとは思いもしませんでした(KOされることも)。

やっぱり勝負は分からないです。
そして、「49-0」は改めてとんでもない数字(記録)だと感じます。

おまけにメイウェザーの場合、5階級制覇もしています(しかもWBCの緑色のベルトを5本揃えているという…)。
体格的にライト級かスーパーライト級が適性階級だと思うのですが、キャリア後半をウェルターとスーパーウェルターで戦って勝ち切ったのはやっぱり凄いなぁと。

試合内容に不満の声があるのは確かだけど、誰にも捕らえさせなかったのは事実だし、やっぱり別格です。

ちなみに、個人的にメイウェザーは「50-0」だとは思っていません。
最後のマグレガー戦はボーナスステージみたいな感じだと思っているので(笑)。

 

どっちも今後が気になる

圧倒的な勝ち方をした井上選手も、衝撃的なKO負けをしたチョコラティートも、今後が気になります。
両者が対戦する可能性が低くなったと思うので、そこはちょっと残念ですが。

井上選手は今後もラスベガスでやれるでしょう。
コンディショニングが大変だと思うけれど、実力的には申し分ないし、誰とやっても素晴らしい試合をしそうです。

 

 

ここまで書いてふと気づいたのですが……、

 

今日と同じような内容のことを、およそ半年前(チョコラティート初黒星の時)にも書いていました。
ああ、重複……(苦笑)

 

 

 

書いた人

ダイ

スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは11年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール