欧州スーパーリーグ構想は上手くいくのか? 考えてみた

サッカー

欧州の一部有力クラブの間で「スーパーリーグ」なるリーグ戦を行うという構想が発表されました。

UEFAチャンピオンズリーグに対抗するリーグ戦として計画されているもののようですが(実際はTV放映権料などのUEFAの取り分が多すぎる、などの金銭面の不満があるのでしょう)、UEFAとバチバチに反発していて、UEFA側も対抗措置をとろうとしているようなので、果たして上手くいくのか自分なりに考えてみました。

 

 

参加チーム(現時点と将来予想)

参加チームは現時点では12チームで、具体的には以下のとおりです(カッコ書きは国)。

マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
マンチェスター・シティ(イングランド)
リバプール(イングランド)
チェルシー(イングランド)
アーセナル(イングランド)
トッテナム(イングランド)
ユベントス(イタリア)
インテル(イタリア)
ミラン(イタリア)
バルセロナ(スペイン)
レアル・マドリー(スペイン)
アトレティコ・マドリー(スペイン)

 

上記から3チームを追加した15チーム制でスタートして、最終的には20チームが参加する予定のようです。
ここから追加されるのは、以下と予想しています。

ローマ(イタリア)
バレンシア(スペイン)
ドルトムント(ドイツ)
リヨン or マルセイユ(フランス)
アヤックス(オランダ)
PSV(オランダ)
ポルト(ポルトガル)
ベンフィカ or スポルティング(ポルトガル)
セルティック or レンジャーズ(スコットランド)

ネットのニュースによるとバイエルンとPSGは参加を断ったそうなので、こんな感じかなと。

 

「楽しみ < 心配」な印象

欧州の強豪クラブがシーズンを通してぶつかり合うのは一見して面白そうではあるのですが、懸念事項の方が多い印象があります。

 

懸念1. CL優勝チームとの「チャンピオン」の重複

まず、スーパーリーグが行われて優勝しても、同時にUEFAチャンピオンズリーグ(以下、CL)にも優勝チームが存在します。

どっちが真の「ヨーロッパ・チャンピオン」になるのでしょう?

もちろん有力かつ強豪なチームから勝ち上がった「スーパーリーグ・チャンピオン」は間違いなく強いし、「ヨーロッパ・チャンピオン」を名乗るのにふさわしいかもしれません。
ただ、UEFAからすればCLこそがヨーロッパ・チャンピオンを決める場だと主張するでしょうし、クラブW杯にもCL優勝チームしか「欧州代表」として出さないでしょう。

下記の懸念3にも触れますが、「真のチャンピオン決定戦」みたいなことはやらないと思うので、ビミョーになりそうです。

 

懸念2. 選手が消耗しないか?

主力選手の試合頻度は現状と大きく変わらないのかもしれません。

【現状】
・国内リーグ&カップ戦
・CL
・国際試合(代表戦)

【スーパーリーグ後】
・国内リーグ&カップ戦
・スーパーリーグ
・国際試合(代表戦)

 

ただ、スーパーリーグの現段階での計画では

20チームが10チームずつのグループに分かれて総当たりのリーグ戦
各グループ上位3チーム+ワイルドカード2チームの計8チームで決勝トーナメント

ということのようです。

 

グループリーグの試合数がCLより多く、しかも相手は強豪ばかりという状況なので、主力選手の負荷が増す方向に進むような気がします。
「国内リーグ&カップ戦で力を抜けばいいじゃん」と思われるかもしれませんが、ここで上位をキープできずにスーパーリーグで好成績を残しても「どうなのよ?」となるかと(笑)。

現状でも選手の負荷がキツイと思っていますが、さらに大変になるんじゃないかと思っています。
ケガも増えそう…。

 

懸念3.  UEFAと上手く折合いをつけられるのか?

最大の懸念はコレでしょう。
スーパーリーグ構想が発表された直後に、UEFAが声明を出し

・参加チームはFIFAに加盟している国内、欧州、世界レベルの大会に参加できなくなる
・所属選手は代表チームでプレーできなくなる

といった措置を発表しました。
スーパーリーグのチームを完全に締め出して、孤立させてやる! ということかと。

バッチバチです(苦笑)。

 

スーパーリーグによって、参加クラブも選手も今より潤うだろうと思いますが、こんな措置が本当にとられるならさすがに二の足を踏むのではないかと。

特に選手。
選手からすれば、EUROにもW杯にも出られなくなるということなので。
「お金さえもらえればいいぜ」という選手も一部いるのでしょうけど(笑)、やっぱりイヤなはず。

 

これからどうなるか

現段階では政治的なバチバチ感が強く、選手の動向にも影響しそうなので上手くいかないんじゃないか、最終的にはスーパーリーグは決行されないんじゃないかと思っています。

双方の何らかの歩み寄り・譲歩によって、「大人の決着」というか「玉虫色の決着」というか、そういう形になるかと。

 

スーパーリーグも面白そうではあるのですが、個人的には今のCLや国内リーグでたま~に大きなアップセットがある方が面白いと思っているし、ただでさえ試合頻度が多くて選手の消耗が激しい印象があるので、現状のまま……いや、もう少し軽くしてもいいんじゃない? と思っています。

結局言えるのは、

「これからどうなるか、見てみようじゃないか」

これしかありませんね(笑)。

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール