「いつ自分に来るのだろうか?」とここ数年思っているもの

雑感

47歳。
自分の年齢をあまり数字で出したくないのですが、他方で現実と向き合わないといけないとも思っています(笑)。

 

早ければとっくにやって来ている年齢のようですが、今のところ自分にはまだ来ていない、アレ。

ただ、ここ数年は「アレはいつ来るのだろうか?」とビビっています(笑)。

 

 

ローガン…じゃなかった

それは老眼。

一般的には40歳過ぎから始まるらしく、早い人だと30代に始まるようです。
私の両親も40代半ばあたりから始まったそうです。

 

およそ10年前、まだ監査法人に勤務していた頃に、ある上司(あまりたくさん関わりがなかった方)から、

 

「ダイくん今何歳?あぁ37かぁ。じゃあもうしばらく大丈夫かな。40過ぎたら老眼がくるんだよ~。僕、今45なんだけど、2年前から老眼がきちゃってね~。ある時、突然メールの文字が読めなくなっちゃったんだよね~。もう老眼鏡が手放せなくなっちゃってね~。ダイくんも40過ぎたら分かるよ~」

 

と言われました。

たしか、移動中のタクシーでBlackBerryのメールを見ていた時だったと記憶しています。

 

その時は「あぁ、そうなんですね~」と受け流したのですが、40歳を過ぎたあたりから、「そういえば、そんなこと言われたなぁ」と思い出すようになりました。

親からも最近「老眼来てない?」と聞かれるようになりました。

 

一日中裸眼で日常生活に支障は全然ないので今はまだ大丈夫だと思っているのですが、いつ来てもおかしくない年頃なんだよなと思うと「そろそろだろうか?」と(苦笑)。

 

ビビってもしょうがない

ただ老眼は病気ではなく、目を使って生活している以上誰でもなりうるもの。
それに、老眼になったからといって何か生活や活動レベルが激変するわけでもないはずです。
(追加アイテムとして老眼鏡は必要になりそうだけど)

そう考えると、ビビってもしょうがないよな…とアタマの中では思っています。

 

ただ、それがいつなのか、どういうタイミングでやってくるのか、やってきた時にどんなふうになるのかが分からないので心の中でビビっているのかと(笑)。

 

それと、内心ヤだなぁと思っているのが、老眼鏡を着けること。
今までずっと裸眼で、サングラスは晴れた日に外出する時着けていたけれど、コロナ禍になりマスク装着がデフォルトとなったここ2年は頻度激減。

カッコよさとかを求めたらまあまあの出費になりそうなのが悩ましいところです。
そんなの求めなければいいだけのことですが、つい求めてしまうもので(苦笑)。

 

いつなんどきやって来てもおかしくない

老眼のことをず~っと意識しているわけではないのですが、PCやスマホのディスプレイとにらめっこしている時にふと「そういえば…」と思い出すことがあります。

日常的にPCやスマホや紙(本や文書)とにらめっこしているので、いつなんどき来てもおかしくないでしょう。

 

ビビってもしょうがない。

来たら、その時にどうするかを考えればいい。

 

そう自分に言い聞かせています(笑)。

 

 

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツを見るのも好きなトレーニングジャンキー。サブ3.5を目指す(あと6分弱…)自称中級市民ランナー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール