村田-GGG、井上-ドネア2だけじゃない!今年は面白そうなビッグマッチ多し

ボクシング

先日の村田諒太 vs ゲンナジー・ゴロフキンの一戦での興奮が冷めやらぬ状態なのですが(笑)、昨日もまたボクシングにエキサイトしました。

今年は面白そうなビッグマッチが多いです。
もしも「ウェルター級最強決定戦」が年内に実現したらもうヤバいです(笑)。

 

 

スペンスJr、やっぱり強い

昨日は、エロール・スペンスJr. vs ヨルデニス・ウガスのWBAスーパー、WBC、IBF世界ウェルター級統一戦がありました。

スペンスJrは去年、左目の網膜裂孔を負い、そこからの復帰第一線。
それがなければ、去年マニー・パッキャオと対戦する予定でした。

一方のウガスは、そのパッキャオとスペンスに代わって対戦し(実際は代わりの代わり)、判定勝利。WBAのスーパーチャンピオンになっていました。

 

知名度こそ高くないとはいえ、パッキャオに勝ったウガス。
目の負傷から明けたスペンスJrにとって厳しい試合になるかもしれないと思っていました。
さらに、パンチをもらいすぎ等目の不調が見られたなら、現役続行も厳しいのではとも思っていました。

 

けれど、それは杞憂でした。

スペンス、強かったです。

 

特にすごいなぁと思ったのは、ディフェンス。
来るパンチを全てブロッキングするような構えだけど、ステップワークや体を使って受け流すような動きもしっかりやっていて、ウガスの攻撃をことごとく無効化している印象でした。
ウガスも強いのですが…。

 

パンチも的確で、破壊力も申し分なし(ウガスは眼窩底骨折したようです)。
さすがでした。

もうウェルター級で相手は一人しかいないでしょう。

 

ビッグマッチはつづく

2週連続でボクシングにエキサイトしたのですが、今年は「まだ序盤」という感じ。

注目カードを時系列で挙げると、

2022.4.23 タイソン・フューリー vs ディリアン・ホワイト(WBCヘビー級)
2022.5.7  サウル・“カネロ”・アルバレス vs ドミトリ・ビボル(WBAライトヘビー級)
2022.5.28 ジャーボンテイ・“タンク”・デイビス vs ローランド・ロメロ(WBAライト級)
2022.6.4 ジョージ・カンボソスJr. vs デビン・ヘイニー(WBAスーパー、WBC、IBF、WBOライト級)
2022.6.7 井上尚弥 vs ノニト・ドネア(WBA、WBC、IBFバンタム級)

6月までなのにこんな感じです(汗)。

 

もしも、昨日勝利したスペンスJrとテレンス・クロフォードのウェルター級4団体統一戦が年内に実現すれば、2022年は久しぶりにボクシングが面白い一年になりそうです。

 

先週の村田 vs GGGが2022年の年間ベストバウトになるだろうなと思っていましたが、まだ全然分かりませんね(苦笑)。

 

 

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツを見るのも好きなトレーニングジャンキー。サブ3.5を目指す(あと6分弱…)自称中級市民ランナー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール