対戦相手が体重超過をしていたらどうするか?再考してみた

ボクシング,MMA

自分にそんな場面はないのですが、(ボクシングや格闘技等で)対戦相手が規定体重を超過していたら試合をするか、しないか?

仮に自分が相手にそれをされたら即刻試合拒否すると思っているのですが、ネット上では賛否両論ありました。

 

「俺の考え方がおかしいのかなぁ?」

と思い、再考してみることにしました。

 

 

「ルールに基づく競技」という側面と「興行」という側面

賛否両論あった理由は、ズバリこれ(↑)のようでした。

 

【試合中止すべきとする主な理由】

・片方がルール違反している時点で試合としても契約としても成立しない

・ルール違反があるのにやるのはフェアじゃない

・体重差のある試合は危険

 

【それでも試合をすべきとする主な理由】

・興行前日に(準備等も整っているのに)試合を中止するわけにはいかない

・選手も必死に調整してきているし、周りのスタッフも必死に興行の準備をしてきた。即刻中止というのは、関係者にとってあまりにも酷。

・お金(生活)がかかっているのは選手だけじゃなく、興行主や関係者も同じ

 

 

冷静に考えてみて、試合をすべきという側の意見も理解できます。

すでにチケットやPPVをたくさん売っていることでしょう。
中止になれば払い戻しが発生し、損失が大きくなるでしょう。
体重超過した選手側では負担しきれない損失になるかもしれません。

 

「試合は対戦する2人によるものであっても、興行は2人だけのものではない」

そう考えれば、そう簡単に試合を中止するわけにはいかない、という意見も一理あります。
もし自分が興行主やスタッフの側だったら「マジかよ~。中止なんてカンベンしてくれよ~!」と思うでしょうし。

 

体重超過の時点でダメよ

ただ、それでも試合を敢行(強行)するのはどうなんだろうなぁ、と思います。

 

チケット(またはPPV)を買った観客の立場で考えると、選手のどちらかが体重超過をした時点で

「なんだよそれ。ダメじゃん」

とガッカリすると思います(いや、絶対する)。

 

中止とならず試合を行うとしてもこのガッカリ感を拭うことはできないし、試合に対するワクワク感は7割以上減るだろうなと思います。

対戦カードによっては、見るのをやめてチケット(またPPV)の払い戻しをして欲しくなると思います。

 

体重超過がある時点で、興行としてのダメージは絶大かと。

そのダメージを最小限にするためにも試合は行った方がいいという考えもあるのでしょうけど、ルールを守った選手を、ある意味で犠牲にして強行するのはどうなのだろうか、とも思います。

 

タイトルの有無やファイトマネーの配分などに考慮がなされるのでしょうけど、戦績は残るのだと思います。
もしルールを守った選手の方が漢気を見せて受けても、負けてしまったら悔やんでも悔やみきれないんじゃないかと。

勝てばいいのでしょうけど、相手(体重超過した選手)の方が有利なのでそう簡単ではないはず。

 

とかそんなことを考えると、やっぱり自分が選手だったら(対戦相手が体重超過していたら)やりたくないよなぁと思います。すごく憤慨すると思いますが。

 

 

再考してみましたけど、結局自分の考えは変わらなかったです。

ただ、非常に難しい問題であり、どちらが正しいと白黒はっきりできるものでもないように思います。
なので一律に中止などとせず、個別の対応にせざるを得ないのでしょう。

 

体重超過はどうにかしてほしいです。
リングに上がる以前のことなので。

減量ができないなら、事前に「こうこうこういう理由で出来なくなりました」と辞退するのも勇気だと思います。
約束(ルール、体重)を守る側だけに漢気や勇気を求めないで、破ってしまった側にも漢気や勇気を求めてもいいんじゃないかな、と思います。

 

昨今よく見られる体重超過に対してそう思いました。

ていうか、むかし(10年以上前)こんなに頻繁に体重超過ってなかったような気がしたけどなぁ…。

 

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツを見るのも好きなトレーニングジャンキー。サブ3.5を目指す(あと6分弱…)自称中級市民ランナー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール