気がつけば5種類・12枚。持っている夏ラン用マスクをレビューしてみた

ランニング、マラソン,アイテム,雑感

以前、冬に使っているランニング用マスクについて書きましたが、これからの暑い季節にも継続してマスクを着用してランニングをする予定です。

で、「これ、どうなんだろう?」というのを見つけては購入して試しているのですが、気がつけば5種類・12枚になっていました。
本来そんなに必要ないですけどね(苦笑)。

せっかく5種類もあるので、ざっとレビューすることにしました。

 

 

夏用は「飛沫飛散さえ防げればいい」というスタンス

夏のランニングはク○暑くて、マスク着用だと熱中症になるリスクもあるので、夏のマスクには熱が極力こもらないことも必要だと思っています。

で、夏のマスクは飛沫が飛散しないようにすることが主目的、言い換えれば「飛沫飛散さえ防げればいい」というスタンスです。

ということで、夏のランニング用マスクには通気性(熱がこもらないこと)も重視しています。
防寒とディフェンスを重視する冬用に比べて、少しディフェンス面を犠牲にして通気性を求めているのが夏用という感じです。

 

この5種類を使っている&それぞれのレビュー

以下の5種類を購入して使っています。
カッコ内の評価は、私の主観で付けました(5点満点)。

 

1.ノーブランドのメッシュタイプマスク(評価:3点)

Amazonで3枚入り990円で見つけたマスク。去年10月購入。

 

軽くて通気性があり、値段的にも気軽に使えるのが良いです。

着け心地がよければこれだけで十分なのですが、鼻口部分に空間ができない、いわゆる密着タイプです。
そのため、走っていて呼吸が荒れてきた時、息を吸う際にマスクの生地まで吸いこんでしまい、カパカパして呼吸がしづらくなります。
ちょっとぐらいなら別にいいのですが、しばらくつづくと走っている時にストレスになってきます(笑)。

なので、これは呼吸が乱れることのないスロージョグ用に使っています。

 

2.Athformのスポーツ用マスク(評価:3.5点)

某スポーツオーソリティで購入。1枚1,600円ぐらいだったかと。

 

特徴的なのは、耳に引っ掛けるタイプではなく、後頭部に掛けるタイプなことと、鼻口部分の空間確保のためにマスク中央部分に縦にワイヤーが入っているところです。
鼻口部分に空間があるので、息が乱れても呼吸しにくくならない。これは良いです。

ただ、後頭部に掛けるタイプなためか、ベストポジションに装着しづらいのが難点。特にキャップをかぶると、マスクのゴムとキャップとの兼ね合いが難しいです。
走りながら「う~ん、ココじゃないんだよなぁ…」と、ゴムの位置を調整することが多いです(苦笑)。

このマスクは耳に引っ掛けるのがイヤな時に使っています。

 

3.アンダーアーマー UAスポーツマスク(評価:4点)

冬用に同社の「アクティブネックゲイター」と「フリースネックウォーマー」も使用しているのですが、夏用に普通のスポーツマスクも購入しました。

 

鼻口部分に空間があり、呼吸しやすい(中で生地がカパカパしない)のが気に入っています。
あと、デザインのかっこよさはナンバーワンです。

「スポーツマスク」なだけあって基本的に快適ではあるのですが、後述の2つに比べるとやや熱がこもるかな、と思っています。
まだ6月のこの時期はいいですが、梅雨が明けて夏が本格化する頃にはちょっと暑苦しくなるかも。

耳に引っ掛ける部分の生地も強くなさそうに見えて、若干不安もあります・・・。

暑さが本格化したら、これは普段用にしようかなと思っています。
かっこいいし(笑)。

 

4.D&Mランナーマスク(評価:4.5点)

去年10月にAmazonで1枚2,400円ほどで購入。

 

鼻口の部分(マスク中央部)が「メッシュ+フィルター」の構造で呼吸しやすくしているのが特徴です。
「ランナーマスク」という名前だけあって、呼吸がしやすくランニングには良いなと感じています。

「サングラス装着時にレンズが曇りにくい」部門ではナンバーワンです。
ただし、まったく曇らないわけではないです(苦笑)。

そのデザインゆえに、購入当初は
「これじゃあ(感染を防ぐという意味で)マスクにならないんじゃないかなぁ」
と思っていたのですが、「飛沫飛散さえ防げればいい」という観点からは十分アリだと思います。

個人的にとても気に入っているのは、作りがしっかりしているところ。
耳を引っ掛ける部分に補強の縫製がしっかりされていて、かなり丈夫そうです。

鼻口部分に空間ができない密着タイプなので、長時間走っていると少しだけストレスになるため4.5点にしています。

これはこれから暑さが本格化してから使いまくる予定です。

 

5.ZAMSTマウスカバー(評価:4.5点)

つい先日、2枚入りセットを3,000円弱で購入。
ネットでの評価が高かったので試してみようと。

 

マスク部分はメッシュ状で、中央の縦に縫製を入れることで鼻口部分に空間ができるようになっています。

使ってみたら快適。
通気性がとても良く、それでいて呼吸が乱れてもカパカパしないのがとても良いです。
「通気性の良さ+鼻口部分の快適さ」ではナンバーワンです。

でも満点の5点にはしませんでした。
耳に引っ掛けるところが細くて貧弱そうだからです…。
(簡単には切れないと思うのですが、何かの拍子にブチッと切れちゃいそうに見えるのがどうも…)

マスク部分がコレで、耳に引っ掛ける部分がD&M製なら、パーフェクトの5点、文句なく一押しだったでしょう。

 

まだ探求はつづく(?)

結論として、今使っている上記5点のうち

スロージョグ用に
1.ノーブランドのメッシュタイプマスク

ふつう~ハイペース用に
4.D&Mランナーマスク
5.ZAMSTマウスカバー

を夏のランニングではメインに使っていく予定です。
(もちろん2も3も使います)

 

とはいえ、まだ出合っていない未知のマスクがあるかもしれません。
並行して、良さそうなマスクを見つけたら試してみようかと。

 

「まだ買う気なんかい!」とツッコまれそうですが(笑)。

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール