久しぶりのロマチェンコの試合。日本人選手との試合は複雑だけど楽しみ

ボクシング

今週末に、ワシル・ロマチェンコの試合があります。

対戦相手は中谷正義選手。
今回はどっちに勝ってほしいというのはなく、純粋に好試合になることを期待しています。
ていうか、マジでいい試合になるんじゃないかと。

 

 

戦績に共通点

これまでの中谷選手のプロ戦績は、19戦18勝1敗(12KO)。
唯一の1敗は、テオフィモ・ロペスとの試合(2019年7月に判定0-3)。

そう。両者ともにここ2年以内にロペスと対戦して判定負けを喫しています。
ロペスの戦績は16戦16勝12KOなのですが、KOできなかった4試合のうち2試合が今回の2人ということです。

ロペスの対戦を通して見ると、両者に大きな差はない……いや、拮抗しているんじゃないかと(実績面でロマチェンコが優れているのは否めませんが)。

 

ロマチェンコはまだまだ見たい選手

ロマチェンコは去年ロペスに負けていますけど、その強さに疑いはありません。
4~5年前の試合になってしまうけれど、ニコラス・ウォータースとギレルモ・リゴンドーの2人を相手に心を折るような勝ち方をしているし、ホルヘ・リナレス戦も素晴らしかったし。

 

ロマチェンコは試合もさることながら、トレーニング映像がハンパないんですよね(笑)。
一見ボクシングとは無関係そうなトレーニングまでしているのがミソです。
(実際には大いに関係しているのでしょうけど)

・逆立ちしながらの腕立て伏せ
・サッカーのリフティング(テニスボールぐらいの小さなボールで)
・ジャグリング(3個とか4個でできる)
・石を積み重ねる

バランスだったり、動体視力だったり集中力だったり判断力の速さを鍛えるトレーニングなのでしょう。
どれも見事にこなしていて、映像を見始めると見入ってしまいます(笑)。
(YouTubeで「lomachenko training」で検索すると、いろいろ出てきます)

まだ33歳。
あと5年ぐらいはトップレベルでできると思うし、見つづけたい選手です。

 

試合予想は…

いつもは試合予想をするのですが(△△が○R KO勝ちとか)、今回は敢えてしないことにしました。

中谷選手との対戦で複雑なので(苦笑)。

ただ、9ラウンド以内では終わらないだろうなと思っています。
KO決着なら10~12ラウンドだと思うし、判定までもつれる可能性ももちろんあります。

ロマチェンコには積極的に攻めてほしいし(ロペス戦の反省もあるはず)、中谷選手もあまりディフェンシブにならない方が勝機があるかなと。

 

とにかくいい試合を期待したいです。
勝った方は、次はジャーボンテイ・デイビス、デヴィン・ヘイニー、ライアン・ガルシアあたりとタイトルマッチをやることになるかなと。

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール