後半は自分との戦い、ただそれだけ・・・さいたま国際マラソン2017出走記その4

ランニング、マラソン

前半のハーフを申し分ないペースで走れたものの、後半は想定通り(?)厳しい走りになりました。

が、年の功か、心折れずに走ることができ、自己ベストを更新することができました。

 

 

右脚と自分のメンタルとの戦い

ハーフを過ぎたあたりから右脚に異変を感じたので、後半は

 

「たのむ!ゴールまでもってくれぇ~!ゴールしたらつりまくってもいいから!」

 

ぐらいのことを思っていました。
誰かが応えてくれるわけでもないのに(苦笑)。

最初の「ピキィィーーーン!」で、ヤバそうだというのは察知できたので、後半は5:00/kmペースに固執せず、大きなロス(つってしまうことによるストップや、歩いてしまうこと)をしないことだけを心がけることにしました。
脚の運びがイマイチでもいい!…と割り切って。

 

右脚のヤバさに加えて、両脚を含む全身に疲労感が出てきたのは30km過ぎたあたりから。
いわゆる「30kmのカベ」です。

ただ、過去のレースのように「あと○km」とは考えず、「次の1km」に集中していたのが良かったようで、「自己ベスト出せるのか?」とか余計な心配はせずに走りつづけられました。

「次の1km!」と念じつづけていたおかげで、35km、37kmを過ぎても「あと7km」「あと5km」と考えることはなく、39kmになってようやく「あと3kmだ~!」となりました。

そう。埼大通りのゆるくて長~い上り坂を超えたあたり。

 

もう最後は「とりあえず脚を前に運んでいる」っていう感じ(苦笑)。

最後まで止まらなかったのが功を奏し、自己ベスト6分弱更新することができました。

 

振り返ると、後半は明らかにペースが落ちていました。
タイムは1km過ぎる度にチラ見していたけれど、「とりあえず6分超えていなければいいや」ぐらいの気持ちだったので、実際どのぐらいだったかはゴールした後に確認しました。

意外と大きく落ちていなかったことには、自分でもびっくり(笑)。
以下、後半21km~ゴールのペースです。

 

22km   5:04
23km   5:05
24km   5:04
25km   5:06
26km   5:15
27km   5:12
28km   5:25
29km   5:13
30km   5:09
31km   5:16
32km   5:19
33km   5:25
34km   5:21
35km   5:21
36km   5:38
37km   5:22
38km   5:32
39km   5:34
40km   5:34
41km   5:35
42km   5:40
ゴールまで 2:48

(※最後の200mが遅いように見えますが、手元の時計のGPSの誤差で、最後は560mほどありました)

後半合計   1:54:59

総合計タイム 3:39:24

 

持っている走力を全部出して、結果的に5年ぶりに自己ベストを更新できたのは大満足でした。
久しぶりに「納得」の走りではなく、「満足」の走りができました。

 

まだまだ鍛錬と挑戦あるのみ!

走り終わった瞬間は満足していたにもかかわらず、ボロボロのヘトヘトになって着替えている時には

 

「こんな全力出し切っても、サブ3.5にはまだ10分及ばないのかぁ……」

 

というガッカリ感が出てきました(苦笑)。

風は少し強かったものの、天気はよく、気温もちょうどいい感じで、コンディションは申し分なかったにもかかわらず10分、距離にして約2km及ばないのが「むむぅ…」と。

 

まだまだ鍛錬と挑戦が必要です。

 

今回走って、40歳過ぎても自分のレベル(自称:中級市民ランナーレベル)なら記録を伸ばせるんだということを実感できました。
とても良い刺激になったので、これからも意欲的にラントレが出てきそうです。

って、昨日から早速再開しています(笑)

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは12年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール