雨の中のランニングはイヤだけど、年に1度は経験している

ランニング、マラソン

雨の中のランニングは基本的に嫌いだし避けます(苦笑)。

理由を挙げれば、

・シューズとソックスがびちょ濡れになって重くなる
・視界不良になる(裸眼だったら最悪)
・冬は寒さで身体の熱を奪われる(=身体が動きにくくなる)

などいくつも出てきます。

なので、基本的に雨の日にはランニングしないのですが、それでも年に1度ぐらいは経験するようにしています。

 

 

雨のレースの可能性

理由はコレです。

レース当日の気象条件はコントロールできません。

 

暑いかもしれないし、寒いかもしれない。

晴れかもしれないし、雨かもしれない。真冬ならば雪かもしれない。

風がなく穏やかかもしれないし、強風吹きまくりかもしれない。

 

どのレースでどうなるかなんて分かりません。

幸いにも、これまでのところほぼ全てのレースで晴れか曇りのため、雨や雪のレースは経験したことがないのですが、「次のレースは雨かもしれない」と想定しておくことは大事かなぁと。

想定しておかないと、実際そうなった場合の精神的ダメージが大きそうなので(苦笑)。

 

今年の雨ランは昨日だった

昨日、雨の中10kmだけランニングしました。
敢えて雨の中走り出したのではなく、走っていたら降り出した形ですが(笑)。

大した距離ではないし、イージージョグペースだったのですが、すぐにウェアがビチョビチョに。
そしてシューズとソックスもぐちょぐちょになり、足が重たく感じるようになりました。
サングラスも、レンズに水滴がついてイヤな感じ。

季節的には雨がシャワーになって体内の熱を冷ましてくれるのですが、

「冬だったら最悪だな、これ…」

と容易に想像できて、やっぱり雨のレースはイヤだなぁと思わせてくれます(笑)。

 

唯一よかったのは、人が誰もいなかったこと。
コロナ感染リスクが最小化されるので。

ていうか、雨の中好んで走る人はそんなにいないですね(苦笑)。

 

可能性は常にあると思っている

雨の中のランニングを1度経験するなら、この時期(夏)がいいなと思っています。
冬だと風邪をひくなど体調を悪くするリスクがありますからね。

 

ということで、(結果的にですが)雨の中のランニングを経験しておいてよかったと思いました。
10月~11月のレースで雨になった時にどうなるかのイメージが出来上がりました。

 

レース当日に好天に恵まれるのがベストですが、そうでない可能性は常にあると思っているので、今回経験したことで万一の場合でも精神的ダメージは軽減されることでしょう(笑)。

 

 

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツを見るのも好きなトレーニングジャンキー。サブ3.5を目指す(あと6分弱…)自称中級市民ランナー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール