勝者のメンタリティをDVDで。自分に勝負強さがほしい時にやっていること

雑感

時々「勝負強さ」がほしいことがあります。

何かカベに当たった時は「弱い自分に負けたくない」と思うし、スポーツのイベントに参加する時も「負けたくない。負けるとしてもアッサリ負けるのはヤダ!」という気持ちになるもので(笑)。

 

そんな時は、偉大なあの御方のチームのDVDを見て「勝者のメンタリティ」を自分に注入しています。

「闘魂注入」に近いイメージです(笑)。

 

 

シカゴ・ブルズの90年代ハイライトDVD

マイケル・ジョーダンがいたシカゴ・ブルズの1990年代のDVDです。
二度のスリーピートを達成した時代のもので、各シーズンのハイライト集と各シーズンで最も盛り上がったNBAファイナル1試合ずつが収録されています。

Amazonによると2006年に発売されていて、もうなかなか買えないようです。
(持っててよかった♪)

 

ジョーダンだけにクローズアップしたものではなく(まぁジョーダンが目立っていますけど(^^))、ピッペンやロッドマン、ハーパー、スティーブ・カー、トニー・クーコッチなどなどの当時の心境コメントなどもあり、とても見応えがあります。

特にハイライト集の方は、順調な時だけでなく不調な時のチーム状況も映し出されていて、「ここからどうやって立ち直ったのか、挽回していったのか」というのを知るのにとても参考になります。

 

近年のNBAチャンピオンチーム(例えばウォリアーズ)のハイライトでも十分参考になるとは思いますけど、ファイナルに6回進出して全部勝った90年代ブルズとマイケル・ジョーダンが大好きなので(笑)。

カッコいいプレーを楽しむよりも、むしろジョーダンとブルズから「勝者のメンタリティ」を学ぶ目的で見ています。

 

勝負はほとんどが紙一重…

見ていて改めて感じるのは、

 

「勝負って難しいなぁ。ほとんど紙一重じゃん」

 

っていうことです。

「何を今さら」とツッコまれそうですが(苦笑)、レギュラーシーズンで72勝(当時のNBA記録)や69勝を挙げた二度目のスリーピートの時も決して順風満帆ではなかったことがすごく伝わるからです。

そしてジョーダン一人の活躍で全てに勝つことは不可能で、やっぱりチーム全体の力が大事なんだというのも伝わってきます(ジョーダンとピッペンがチームメイトを鼓舞して引っ張っていたのは言うまでもないですが)。

 

当時ベンチメンバーだった選手のコメントからもチャンピオンとしてのプライドというか力強さが感じられて、

 

「これが勝者のメンタリティってやつなんだろうなぁ」

 

と何度見ても感じます。

自分に「闘魂注入」したい時に、うってつけのDVDなのです。

 

今は連覇したシーズンを見て注入している

こんなことを書いたのは、まさに最近このDVDを見て勝者のメンタリティを注入しているからです。

というのも、近々私の中の「大人の運動会」イベントがあり、連覇が懸かっているので(笑)。

 

ほぼ勢いで勝つことができた去年とは違い、今年は危機感を強く覚えながら大会を迎えようとしています。

それだけに、

 

「当時のブルズは、どうやって連覇したのか」

 

というのを参考にしたいと思っているのです。
特にメンタル面で。

 

ジョーダン、ピッペンのリーダシップも、他のメンバーの貢献の仕方も素晴らしく、見る度に

「こんなチームにしたい!」

「こんなチームのメンバーでいたい!」

と感じるし、何より

 

「よしっ! やるぞ!」

 

という気分になります。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは11年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール