次のレースが決まると同時に新たな「挑戦」も決まった

ランニング、マラソン,日常の出来事

コロナ感染の勢力が弱まり(?)を見せ、感染対策等の警戒も少しずつ緩められつつある今日この頃。
全国各地でレースも再開されようとしています。

 

レース参加抽選のくじ運が極めて悪い私ですが(苦笑)、当選することができまして次のレースが決まりました。

と同時に、新たな挑戦をすることが決まりました。

 

 

ケチャップ?

これまでレース参加抽選といえば、

・東京マラソン…13年連続ハズレ
・大阪マラソン…最初の第1回大会を最後に当選なし
・神戸マラソン…第2回大会を最後に当選なし
・横浜マラソン…2015年から応募、2019年大会で初当選

こんな感じでした。

他のレースも含め、当選率は1~2割ではないかと。
自分のことながら、惨憺たるものでした(泣)。

 

このくじ運の悪さもあるので、先着順エントリーだった「さいたま国際マラソン」は確実にエントリーしていたのですが、それも終了。
困っていました。

 

それが、去年の東京マラソンに当選したのがきっかけなのか、確変した模様。

今年の横浜マラソンとちばアクアラインマラソンに両方当選しました。

 

 

かつてのオランダのストライカー、ルート・ファンニステルローイの言葉に

「ゴールはケチャップのようなもの。出ないときは全然出ないけど、出るときはドバドバ出る」

というものがあります。

私には、レース参加抽選のくじ運が「ケチャップのようなもの」なのかもしれません(笑)。

 

おいおい…(苦笑)

ところがところが、です。

両方とも当選するなんて、まったく想定していませんでした。
「どっちかが当選すればラッキーだな」ぐらいの気持ちで応募していました。

 

 

なんと2週連続……。
(横浜10/30、ちばアクアライン11/6)

 

さすがに「おいおいどうするんだ、俺?」と悩みます(苦笑)。

「ハーフ&フル」の組合せなら2週連続でもいけるし、1カ月くらいの期間があれば「フル&フル」もOKでしょう。
でも、「2週連続フル」はまったく考えたことがありませんでした…。

 

できないと考えるか、チャンスと考えるか

数日考えた結果、両方走っちゃおうということにしました。

やめる理由は「疲労がヤバそう、消耗しそう」ぐらいのものなのですが、やる理由の方が多かったのです。

 

・数多くいるフルマラソン経験者の中でも、「2週連続フル」はさすがに経験者は少なそう。ということは、結果に関係なく貴重な経験になることは間違いない。今後のトークのネタにもなる(ブログのネタにも(笑))

・両方とも前回(初回)は4時間を切れなかったレース。まとめてリベンジしたい

・自分の限界に挑戦する実験の場になりそう

・(あくまで心情的なものですが)どちらか辞退したことがきっかけで「ケチャップ」が止まってしまったらイヤだ(笑)

 

という感じです。

まぁ「どう考えるか」なのでしょう。

 

ということで、今秋に2週連続フルという挑戦をすることになりました。
本格的な準備はまだ先ですが、これからコツコツ下地作りをしていこうかと。

11月6日のちばアクアラインマラソン終盤の自分の状況を想像するとビビりますが(汗)、今はそれ以上に楽しみです。

 

そして、少なくとも東京マラソン2023の抽選までは「ケチャップドバドバ」であってほしいです(笑)。

 

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツを見るのも好きなトレーニングジャンキー。サブ3.5を目指す(あと6分弱…)自称中級市民ランナー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール