46歳になったけれど、人生はまだまだ「前半戦」のつもりで

雑感

2021年1月6日で46歳になりました。

今朝のラントレ前、GPS付き腕時計を着けた時に気づきました(笑)。

46歳になったからといって何かが変わるわけでもないですが、まだ人生を折り返した(後半戦に入った)とは思わず、「前半戦が続いている」ぐらいの心持ちでいようとは思っています。

 

 

節目節目での体感

個人的体感なので他の人には当てはまらないかもしれないですが、25歳になったあたりから、おおむね5年ごとにカラダの変化を感じます。

 

25歳~ ハードトレーニング(ハードワーク)の翌日、疲労が少しだけ残る

30歳~ ドカ食いしたらテキメンに太る(まだリカバリー可)

35歳~ 徹夜できなくなる(徹夜すると翌日ポンコツになる)

40歳~ 睡眠をしっかりとらないと疲労がとれないと感じるようになる

45歳~ 体重を落とすのが難しく感じる(太るのはカンタン)

という具合。
一言で言えば、若い頃とは勝手が違ってきています。

加齢している以上、カラダの衰えというか機能の弱体化は不可避なのでしょうけど、カラダが以前と同じようにはいかない以上、出来る範囲でコントロールしていくことが大切だと感じます。

 

「まだ若い」と思っておく

カラダに衰えがあることは否定しませんが、気持ちだけでも「まだ若い」と言い聞かせようと思っています。

 

ジョージ・フォアマンは45歳9か月でヘビー級チャンピオンになったし、

ダン・ヘンダーソンは46歳2か月でUFCミドル級タイトルマッチに挑戦したし、

ランディ・クートゥアは47歳まで現役だったし、

バーナード・ホプキンスは49歳3か月でライトヘビー級チャンピオンになったし(汗)、

三浦知良選手は53歳の今でも現役だし(汗)、

マイク・タイソンは54歳で(エキシビションながら)リングに復帰したし、

自分はまだまだ若い!

 

比較の対象がレジェンドばかりなのがアレですが(笑)。

 

「人生100年」と考えればまだ前半

最近になって「人生100年の時代」と言われるようになっています。
そう考えれば46歳はまだ中間点を折り返していません。前半です。

「後半」に備えて引きつづき健康維持・向上に努めたいです。

いくつになっても努めると思うし、55歳ぐらいまでは「まだまだ前半!」と思っていそうですが、そのぐらいがいいかなと(笑)。

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール