UEFA CL(欧州チャンピオンズリーグ)はGKも見どころの一つ

サッカー

UEFAチャンピオンズリーグ(以下、CL)。
やっぱり面白い!

まだベスト8が全て終わったわけではないけれど、見ていて自分が「すごいなぁ」と思うものに、GKの活躍があります。

ゴールシーンよりもGKがセーブするシーンに注目しています。

 

 

CLで勝ち上がるチームは優秀なGKがいるチーム

CLで勝ち上がるチームは、総じて優れたGKがいます。
近年ではCLで勝ち上がるための必要条件ではないかと思います。
(だからといって十分条件ではない)

夕べの2試合は顕著でした。
バイエルンのマヌエル・ノイアー、レアルのケイロール・ナバス、アトレティコのヤン・オブラク、レスターのカスパー・シュマイケル。
シュマイケルを除いて、私が今注目しているGK10人に挙げています。
(シュマイケル、お父さんは大好きでした…)

今夜のバルサのマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン、ユーべのジャンルイジ・ブッフォンもそう。
ベスト8の正GKの8人中5人が今「エクセレント」だと思っているGKだし、残る3人も良いGKです。

 

CR7、ベイル、ベンゼマ、レヴァンドフスキ、T・ミュラー、スアレス、メッシ、ネイマール、イグアイン、ディバラ、グリーズマン……のような優秀なゴールゲッターと同じくらいGKも重要だと思っています。

で、自分の場合GKが好きなこともあり、そっちの方により注目しています(笑)。

 

実力に違わない活躍

夕べの2試合、特にレアルとバイエルンの両GK共に実力に違わぬ活躍をしていました。

ノイアーは説明不要、現役最強でしょう。
バイエルンはノイアーがGKでなかったら、1st Legで終了していたと思うし、夕べの試合でも好セーブを数回していました。
4失点したけれど、全てノイアーのミスではなかったですね。

2年前のレアル戦ではセットプレーでやられて、「ちゃんとDFに指示してた?」と思う場面もあったけれど、今回そういうのはなかったです。
今やバイエルンがCLで勝つために誰よりも不可欠です。

ナバスも好きなGKです。
今季途中は「ええっ!?」「あれぇ!?」っていうミスもあったけれど、今回の2試合は良かったと思います。

ナバスがいいと思うのは、「多分コレ枠から外れるだろう」とGKなら思うであろうコースのシュートにも、しっかり反応しているところです。
多くのGKは見送るだろうなぁという難しいコースのシュートにも、腕を伸ばして触ろうとしている必死さが良いです。

来季レアルはデ・ヘアを獲るとか獲らないとか噂されているけれど、ナバスはまだ行けます!

 

ブッフォンに勝ち残ってほしい!

GKで見れば、夕べの2試合ではナバスとオブラクが勝ち上がったことになります。
今夜は「ブッフォンか?テア・シュテーゲンか?」っていうことになるけれど、それだと断然ブッフォン(笑)。

ノイアーとかテア・シュテーゲンは、今後まだドイツ代表でもクラブでも活躍する機会が多いだろうけれど、ブッフォンはもうカウントダウンが始まっているので。
それに17歳のデビュー戦から見てきたGKだし、自分の中では「史上最高のGK」だと思っているので、思い入れというか「しっかり見ておきたい」的なものもあります(笑)。

ということで、ユーべにはPSGと同じ轍を踏まないでほしいです。
切なる願い(笑)

 

ちなみに、私が今注目しているGK10人は、以下の通り(順不同)

ジャンルイジ・ブッフォン
マヌエル・ノイアー
ヤン・オブラク
マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン
ケイロール・ナバス
ティボ・クルトワ
ダビド・デ・ヘア
サミール・ハンダノヴィッチ
ルイ・パトリシオ
ジャンルイジ・ドンナルンマ

 

異論もあるでしょうけど(笑)。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは11年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール