「それをやるんだったら…」FINALISSIMAに思ったこと

サッカー

昨夜、「FINALISSIMA(フィナリッシマ)」なるサッカーの大会が行われました。

EURO優勝国(=ヨーロッパ王者)とコパ・アメリカ優勝国(=南米王者)が対戦する試合で、今回が初めて。
結果は南米王者のアルゼンチンが、ヨーロッパ王者のイタリアに3-0で勝って初代王者となりました。

 

イタリアが完敗を喫したのが残念だったのは確かですが、それ以上に今年のワールドカップに出場できない方がとても残念なので(苦笑)、そこはまあいいです。

それ以外で思ったことが2つありました。

 

 

イタリアのユニフォーム、かっこいいじゃん…

まず思ったのが、イタリアの新しいユニフォームがかっこよかったことです。

「そこかよ!」ってツッコまれそうですが、そこです(笑)。大事です(笑)。

 

イタリアのユニフォームは、これまでおおむねハズレなし。
リニューアルの都度、「おお! なかなかいいじゃん」と思っていました。

歴代最高は94年のディアドラ製で不動なのですが、それでも今まで「なんだこれ⁉」みたいな感じはほとんどなかったように思います。

今回も「おお!いいねぇ」と感じました。

 

なのに、ワールドカップに出られない…(泣)。
しかも、プーマがサプライヤーなのも今年で最後… 。

 

今回の試合結果と同じくらい、こっちも残念でした。

以前にも書きましたが、来年からアディダス製になるのが本当に憂鬱です。

 

クラブもコレにしてくれないかなぁ?

今回のFINALISSIMA、調べた限りではFIFA主催ではなくUEFAとCONMEBOLによる共同開催のようです。

FIFA主催ではコンフェデレーションズカップがありますが(ヨーロッパ、南米だけでなく、アジア、アフリカ、北中米王者等も参加)、コンフェデレーションズカップが行われないから

「俺らだけでやっちゃおうか?」

的に行われたのでしょうか?
今後の継続性が不透明だなと感じました。

 

それと同時に、

「クラブワールドカップもなくていいんじゃない?」

と思いました。

 

コンフェデレーションズカップは違いますが、クラブワールドカップはヨーロッパ王者と南米王者のチームが準決勝から参加します。
この時点で、決勝を「ヨーロッパ王者vs南米王者」にする気マンマンのように感じられるもので…(笑)。

準決勝までは前座というか前菜というか、決勝前に盛り上げるぐらいの位置づけで、あくまでメインディッシュは「ヨーロッパ王者vs南米王者」のように思えるのです。
ならば、かつてのトヨタカップ(ヨーロッパ/サウスアメリカカップ)のように「ヨーロッパ王者vs南米王者」の一発勝負でいいんじゃないかなと。

 

まとめると、

コンフェデレーションズカップとクラブワールドカップを取っ払って、

FINALISSIMAとヨーロッパ/サウスアメリカカップをやればいいじゃん

と思うのです。

 

FIFAとしては大会規模をデカくするために各地域・大陸王者も出場させていますけど、個人的にはそこでは全然盛り上がらないもので(苦笑)。
できるだけ万全に近い状態で「ヨーロッパ王者vs南米王者」を一発勝負でやる方がいいのになぁと思うのです。
代表もクラブも。

 

そんなわけでFINALISSIMAが今後行われるのか分からないですが(苦笑)、「やるんだったらクラブも同じようにやればいいんじゃない?」と思いました。

 

 

 

ところでアルゼンチン、この試合ではとても良かったけどワールドカップでは厳しいだろうなぁ…。

現時点ではそう予想しています。

 

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツを見るのも好きなトレーニングジャンキー。サブ3.5を目指す(あと6分弱…)自称中級市民ランナー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール