「もしもマラドーナだったら・・・」と思うと、メッシの代表引退宣言はまだ早い!

サッカー

昨日のコパアメリカ決勝での敗戦を受けて、リオネル・メッシが代表引退宣言をしたそうです(今これを書いている時点では、代表引退が正式に決まったのかどうか不明)。

まだやり残していることがあると思うし、(シメオネさんになったつもりで)「心折れてるんじゃねえ!」と言いたいです(笑)

 

 

A代表で何を残したか?

メッシは、W杯に3大会出場しています。

2006年ドイツ大会(当時19歳) ベスト8でドイツにPK戦で負け

2010年南アフリカ大会(当時23歳) ベスト8でドイツに0-4で負け

2014年ブラジル大会(当時27歳) 決勝戦でドイツに0-1で負け

 

06年大会のドイツ戦には出場していなかったけれど、3大会連続でドイツに負けています。このままドイツに負けっぱなしでいいのでしょうか?私はそう思いたくありません。

 

バルサでは、12-13年のCLでバイエルンにコテンパンにされたけれど、その翌々年にきっちりリベンジして優勝しています。クラブと代表で全然違うけれど、「ドイツ代表に同じようにリベンジしないでいいのか?」と言いたいです。

「代表や~めた」なんて言ってる場合じゃない!

 

もしもマラドーナだったら…?

今回のコパアメリカで優勝できなかったのはそりゃ辛いし、まして自分のPK失敗が響いているわけだから相当ショックなのは分かります。

でも、まだまだ代表で必要とされるのに引退はないだろう、と思います。

 

もしも29歳のマラドーナが今のメッシと同じ境遇だったら、ここで引退宣言はしないと思います。大きなケガをしているわけでもないし、高齢でもないし。逆に、「2年後のW杯は絶対優勝する!」ぐらいの力強い言葉が出ていたでしょう。

メッシの代表引退宣言の本当の理由がよく分からないけれど、仮にアルゼンチンサッカー協会(AFA)に対する不満だとしても、マラドーナだったらAFAのことをボロクソに批判して「このままならプレーしたくない」とはっきり注文をつけるだろうし、理由が監督に対する不満だとしても同じようにするでしょう。

 

そんな「もしもマラドーナだったら?」を考えると、「おいおい、引退はまだ早いよ」と言いたくなります。

 

チャンスはまだ2年後にある!

メッシに追随する形でハビエル・マスチェラーノやゴンサロ・イグアイン、セルヒオ・アグエロあたりも引退するかも?、と書かれている記事もありました。

 

みんな、まだ早いって!

2年後のW杯で「最後の大勝負」に挑んでからでも遅くないって!

 

2014年W杯前に「この大会がラストチャンスかも?」的なことを書きましたけど、今のメッシ、そしてアルゼンチン代表のメンバーを見ていると、2年後のW杯も優勝のチャンスは大いにあると思います。

 

特に今の攻撃陣は、過去にないぐらいの充実度です。
メッシの他にイグアイン、アグエロ、ラベッシ、ディ・マリア、ラメラがいるし、2年後のパウロ・ディバラも楽しみな存在です。ラベッシ以外はまだ20代。ディバラ、ラベッシ以外は2年後がキャリアのピーク付近になるはずです。

 

「せめてもう2年は続けてほしいなぁ」と思うのですが……

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール