「マスクは○○○○」と聞いて共通点を考えてみたら意外とあった(笑)

雑感

最近、ネットで

「マスクは顔パンツ」

というフレーズを見ました。

若い人を中心とした、コロナ禍が終わってもマスクなしでは街中を歩きたくない、人前に出たくないという心情から、「それならパンツと一緒だ」ということなのかと。

最初は「ふ~ん。なるほどね」という印象だったのですが、少し考えてみると共通点が意外と多くて「上手いじゃん!」となりました(笑)。

 

 

意外とあった共通点

マスクとパンツの共通点を自分なりに挙げてみました。

 

・隠すものであるのと同時に、漏れ・飛散を防ぐものでもある

・常に着けたい人もいれば、できれば着けたくない人もいる

・使い捨てタイプと洗って繰り返し使えるタイプが両方ある

・素材・デザインがいろいろある

・オシャレなものやブランドものもある

・カラーは白が基本だが、カラーバリエーション豊富

・スポーツタイプもある

・厚手のものも通気性のよいものもある

 

などなど。

他にもありそうです。

 

決定的に違う一つのこと

共通点が意外と挙がったのですが、自分の中で「これだけは確実に違う!」というものが一つだけあります。

それは、

 

スポーツの時に着けたいか、着けたくないか

 

です。

 

パンツは基本的に履きたいです(笑)。
サイクルロードレースのパンツならノーパンもアリですが。

 

でも、マスクはやっぱりスポーツには不都合かなと。
呼吸のしづらさやメガネが曇る点などがあります。

今は外でランニングする時にスポーツ用のマスクを着用していますが(ジムに行くことがあればそこでも着用するでしょう)、世の中が「コロナおそるるに足らず」の状況になったら堂々とマスクなしでやりたいなと思っています。

 

自分がコロナ禍が終わった時にどうするか、も考えてみましたが、やっぱり風邪やインフルエンザ、花粉症の季節には着用したいなと思っています。

コロナが終わってもこっちは終わらないでしょうし。

 

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツを見るのも好きなトレーニングジャンキー。サブ3.5を目指す(あと6分弱…)自称中級市民ランナー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール