NBA75周年記念チーム発表。50周年チームから誰が追加された?

NBA

NBAが創設75周年を記念して、「75th Anniversary Team」を発表しました。

簡単に言うと、「Greatest 75 Players」でしょうか。別に「チーム」というわけではないので。
本当は75人選出するところだったのですが、投票の結果同じ票数だった選手がいて、76人が選出されたようです。

 

1996年に50周年を迎えた時に同じように「50th Anniversary Team」を発表していたので、誰が追加されたのか調べてみました。

 

 

75周年チームのメンバー

75周年チームのメンバーは、以下のとおりです(苗字のアルファベット順)。
名前の右に★がある選手は、50周年時には選ばれていなかった(今回初選出の)選手です。

 

カリーム・アブドゥル=ジャバー
レイ・アレン★
ヤニス・アデトクンボ★
カーメロ・アンソニー★
ネイト・アーチボルド
ポール・アリジン
チャールズ・バークリー
リック・バリー
エルジン・ベイラー
デイブ・ビング
ラリー・バード
コービー・ブライアント★
ウィルト・チェンバレン
ボブ・クージー
デイブ・コーウェンス
ビリー・カニンガム
ステフ・カリー★
アンソニー・デイビス★
デイブ・ディバッシャー
クライド・ドレクスラー
ティム・ダンカン★
ケビン・デュラント★
ジュリアス・アーヴィング
パトリック・ユーイング
ウォルト・フレイジャー
ケビン・ガーネット★
ジョージ・ガーヴィン
ハル・グリアー
ジェームズ・ハーデン★
ジョン・ハヴリチェック
エルヴィン・ヘイズ
アレン・アイバーソン★
レブロン・ジェームズ★
マジック・ジョンソン
サム・ジョーンズ
マイケル・ジョーダン
ジェイソン・キッド★
カワイ・レナード★
デイミアン・リラード★
ジェリー・ルーカス
カール・マローン
モーゼス・マローン
ピート・マラヴィッチ
ボブ・マカドゥー★
ケビン・マクヘイル
ジョージ・マイカン
レジー・ミラー★
アール・モンロー
スティーブ・ナッシュ★
ダーク・ノヴィツキー★
アキーム・オラジュワン
シャキール・オニール
ロバート・パリッシュ
クリス・ポール★
ゲイリー・ペイトン★
ボブ・ペティット
ポール・ピアース★
スコッティ・ピッペン
ウィリス・リード
オスカー・ロバートソン
デビッド・ロビンソン
デニス・ロッドマン★
ビル・ラッセル
ドルフ・シェイズ
ビル・シャーマン
ジョン・ストックトン
アイゼイア・トーマス
ネイト・サーモンド
ウェス・アンセルド
ドウェイン・ウェイド★
ビル・ウォルトン
ジェリー・ウェスト
ラッセル・ウェストブルック★
レニー・ウィルケンズ
ドミニク・ウィルキンス★
ジェームズ・ウォージー

 

ココがミソ

基本的に50周年記念チームの選手50人は、今回もそのまま選出されています。
なので、「26人が追加」という形になっているのですが、以下の5人の追加選出がミソかなと感じました。

 

ボブ・マカドゥー
レジー・ミラー
ゲイリー・ペイトン
デニス・ロッドマン
ドミニク・ウィルキンス

 

この5選手は、50周年記念時にも現役バリバリで大活躍していた選手です(すでに引退しています)。

今回初めて選ばれたのは、50周年の時に50人から惜しくも選外だったということなのでしょう。実績はすでに申し分なかったのですが。

 

議論が出るのは不可避

他方で今回選ばれなかった現役有名選手にクレイ・トンプソンやドレイモンド・グリーン、ドワイト・ハワード、カイリー・アービング等々がいて、一部選手は「なんで俺が選ばれてねぇんだ!」と怒っているようなのですが、上の元5選手と比べてしまうと、「まぁ仕方ないよね」と思います。

 

ただ、今回現役で選ばれた選手(たとえばリラードとかADとか)と比べてどうなのかというのは議論の余地があるかもしれません。

というか、いろんな意見があるのは当然かなと思います。

個人的には、ヴィンス・カーターが入っていてもいいなと思うし、ペニー・ハーダウェイをねじ込みたいなと思うし(笑)。

 

 

選出以外で残念だなと思うのは、故人となっている元選手がすでに14人いることです。

50周年の表彰の時は、ピート・マラヴィッチさん以外はほぼ全員いたような。
ジョージ・マイカンさんもいたし、ウィルト・チェンバレンさんもいたし…。

 

あれから25年経っているので仕方ないのでしょうけど、またオールスターゲームのハーフタイムに記念式典をやるのかなと思っています。

新旧のスター選手が一堂に会するところを見るのが楽しみです。

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール