EURO2020がいよいよ開幕。初戦から見逃せない

サッカー

いよいよ明日からEURO2020(サッカー欧州選手権)が開幕します。
(1年延期になって2021年の開催になりましたが、大会名はオリンピックと同じで「2020」表記です)

EUROはヨーロッパ圏限定の大会ではあるものの、ワールドカップよりもレベルの高い大会だと思っているので毎回注目しています。
一番注目しているのは毎度変わらずイタリアですが(笑)、今回は初戦から熱いカードが行われるので楽しみです。

 

 

「絶対的本命国」のない大会

毎回そうですが、EUROは絶対的な大本命と言える国がありません。
一応本命っぽい国は1~3か国ぐらい挙がりますけど、挙げたとしてもその国が優勝することはなかなかないです(笑)。

例えば、フランスは98年のW杯優勝後の00年大会で優勝していますが、決して「大本命」ではなかったかと。当時の本命は、開催国で98年W杯3位だったオランダでした(オランダは準決勝でイタリアにPK負け)。

96年大会ではドイツが優勝していますけど、当時の本命は開催国イングランドでした(イングランドもまた準決勝でドイツにPK負け)。

記憶に新しい前回大会も、決勝戦のカードを見て「フランスの優勝だろう」と思った人が大半だったかと。

 

「ココが優勝する。間違いない!」という予想がことごとく外れる。

それだけ予想が難しく、競技レベルが高いのがEUROの魅力の一つだと思っています。

 

「死のグループ」がある

同時に、EUROにはかなり高い確率で「死のグループ」と言えるヤバいグループがあります。

今回はグループFでしょう。
18年W杯優勝国フランス、前回大会優勝国(&19年EUROネーションズリーグ優勝国)ポルトガル、そしてドイツとハンガリーのグループ。

「どういう抽選をしたらそうなるの?」とツッコミたくなるようなグループです(苦笑)。

当然ですが予想困難です。
個人的にはドイツに敗退してもらいたいですが(笑)、どういう結果になってもおかしくないでしょう。

 

初戦でいきなりフランス vs ドイツ…(汗)。

この結果次第かと。

 

ダメ元でザッと予想してみた

この通りにはならないだろうなと思っていますが、グループ毎に上位2チームを予想してみます。

 

グループA (イタリア、トルコ、スイス、ウェールズ)
→イタリア、ウェールズ

 

グループB(ベルギー、フィンランド、ロシア、デンマーク)
→ベルギー、デンマーク

 

グループC(オーストリア、オランダ、北マケドニア、ウクライナ)
→オランダ、北マケドニア(!)

 

グループD(クロアチア、イングランド、チェコ、スコットランド)
→イングランド、チェコ(!)

 

グループE(スペイン、ポーランド、スウェーデン、スロバキア)
→スペイン、スウェーデン

 

グループF(フランス、ポルトガル、ドイツ、ハンガリー)
→フランス、ポルトガル

 

少しだけヒネリを入れた予想にしましたが、まあ難しい(苦笑)。

 

出場メンバーなどを見ていると、フランスが一番充実しているように思います。
優勝候補にも挙げられているようだし、面白いチームだと思っていますけど、個人的には本命視していません。

フランスは、何かのきっかけ(主力のケガやメンバー間のイザコザ等々)でいきなりコロッと負けることがあることを歴史が示しているので(苦笑)。02年W杯とか、08年EUROとかは、好成績の後の大会でやっちゃってますし。

強そうなのは確かだけど、分からんぞと思っています。

 

初戦から楽しみ

初戦は上に書いたフランス vs ドイツだけでなく、 イングランド vs クロアチアという18年W杯準決勝と同一カードもあります。
どのカードも、どういう結果になってもおかしくないので、楽しみです。

コロナ禍でワクワクすることが減っている昨今ですが、EUROで少しでもエキサイトできたらいいなと思っています。

 

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール