梅雨が明けて夏本格化。無理のない運動のため気をつけたいと思うこと

ランニング、マラソン,生活と健康

梅雨が明けて、いきなり暑くなりました(苦笑)。

暑くて昼間は運動どころではない状況ですが、運動不足が自分にとっては大敵なので、こんな時期でもどうにか運動をやっていきたいと思っています。
そこで、自分が「これは気をつけるぞ」と思っているものを書こうと思います。
無理してバテたり、反動でダラけたりする自分への戒めのためです(笑)。

 

 

「無理しない」が基本

とにかく「無理しない」。これが基本になります。

無理をすれば、体のどこかにガタがきます。
暑さという敵を舐めたらいけないし、自分の体を過信するのも禁物。
無理することで、かえって体調を悪くしたら本末転倒だし、これは常に守らないといけないと思っています。

 

1.ランニングは朝のみ

ランニングは朝のみにする予定です。具体的には8時までとするつもりです。
週末、今朝と6時台に走った時点でク○暑かったので、8時ぐらいが限界だろうなと。

先週末の昼間に15kmほど走ったら、終わった後に熱中症の症状らしき頭痛がしたので「こりゃマズいな」と感じました。

10月に東京マラソンが控えていますが、今のような超暑い中でのレースにはならないし、あわてて仕上げる必要もないと思っています。現段階では10kmぐらいをサクッと走れればいいやと割り切っています。
そもそもこのコロナ禍で、10月になってレースが行える状況かも分からないですしね(笑)。

 

2.運動中は水分補給をこまめに行う

これは当然&必須。
汗で体内の水分が抜けて血液がドロドロしてくるので、水分補給は欠かせません。体の冷却のためにも必要。

具体的には3~5kmに1度は水分を摂ろうと思っています。
私の場合、走り出すと「走りつづけなきゃ」と思いがちなのですが、別にタイムを争っているわけでもないので「途中で立ち止まったり歩いたりしたっていいじゃん」と開き直ろうと思います(笑)。

 

3.気温30℃以上なら外で運動しない

目安を30℃にしました。

運動はランニングに限らないと思いますが、激しい運動なら他のどんな運動でも30℃以上は危険だろうなと思っています。水泳ならいいかもしれないですが、それはそれで別の心配(コロナ感染)が出てくるし…。
気温30℃以上にも関わらずどうしても外でカラダを動かしたい、という場合はウォーキングにします。

 

4.家でのウェイトはOK。ただし筋肉をつけすぎない

ウェイトトレーニングはもっぱら家でやっているので、特に制限しないでいいかなと。

ただ、そっちに傾倒して筋肉をつけすぎると、体が重くなるなど走りに支障をきたしそうなので(笑)そこは気をつけたいと思っています。

 

5.調子がイマイチ or 不安なら休む

「休む勇気」ってやつでしょうか。これも必要だと思っています。

しょっちゅう「まだ余分な肉があるな。もっと絞りたいな」とか「自分に甘くなっちゃいかん」などと思い、オーバーワークギリギリまで追い込むことがあるのですが、この暑さで追い込むのはまずいなと。
ヘバって仕事や日常生活に支障をきたしたら最悪なので、不調や異変を感じたら素直に休もうと思っています。

 

制限はあるけどどうにかなる…かな?

やるとなったら根性論むき出しで「おりゃ~!」とやることがこれまで多かったので、無理をしないことに抵抗が出てきそうですが(苦笑)、夏の間は守っていきたいと思っています。

コロナ禍&酷暑のツープラトンで、運動する時間帯や場所が限られますが、やりようはあるはずだし、体力の向上は難しくても維持はできるかなと。

 

こんな時期は避暑旅行でもして心身ともにリフレッシュできれば最高なのですけどねぇ…。

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール