暑い日や悪天候の日にこそ「家トレーニングできてよかった」と感じる

アイテム,生活と健康,雑感

暑い日がつづいています。
暑さを紛らわすために普段は「暑い」という言葉を発しないようにしているのですが、ブログでは書きます。
暑いものは暑いので(笑)。

 

こんな暑さだし、レース予定が全くないので、ランニングは休んでいます(週末にちょろっとしようと思いますが)。
移動する頻度が減り、おまけにランニングもしていないので、今までなら運動不足が心配になるところですが、今は違います。

家でトレーニングできるようにしておいてよかったです。

 

 

ランニングもするが…

この時期、まったくランニングをしないわけではありません。
土日やお盆の時期は朝、それほど暑くならない時間帯に7~8km走っています。

が、暑いので疲労の度合いが違います…。
帰宅して一息ついても、「さぁ今日も一日やるぞ!」というリフレッシュした感じにはなれず、「あぁ、少しゆっくりしたいな…」という気分になります。

暑さによって消耗が激しいのが原因なのかと(or 軽めの熱中症?)。
その後の活動に支障をきたしそうなので、この時期のランニングは控えめにしています。

レースの予定が現状ゼロだから気合いを入れる必要はないし、何より熱中症もCOVIDと同じくらい危険でコワイと思っているので、無理する必要はないなと。

 

家でなら出来る

暑い日でも、天気が悪い日でも、家の中でならトレーニング出来ます。

家にトレッドミルがあれば家の中でもランニングできるのですが、予算もスペースもないので(苦笑)さすがにランニングは出来ません。
ただ、ウェイトトレーニングなら器具がちょっとあれば出来るし、なくても自重で出来ます。

先日購入したケトルベルや可変式ダンベル、マット、トレーニングチューブなどが、外出自粛期間中だけでなく今も活躍してくれています。

 

インクラインベンチを購入した

そしてそれだけに飽き足らず(笑)、インクラインベンチを購入しました。
インクラインベンチとは、背もたれの角度を数段階変えられるトレーニング用のベンチです。

背もたれのないフラットなベンチもあるのですが(こっちの方が安価)、背もたれの角度を変えることで効かせる部位が変わりトレーニングの幅が広がるので、フラットベンチよりもインクラインベンチの方がいいぜ、というのを聞いたので、インクラインベンチにしました。

 

これまた「買ってよかった…いや、もっと早く買っとけばよかった」と言えるアイテムでした。

今まで、ダンベルプレスやダンベルフライはマット上でやっていたので、ダンベルを下ろした時のストレッチが不十分な感じでした。これがベンチを使うことでストレッチをより効かせられるようになったし、インクラインプレス/フライもすることで、効かせる部位を増やせるようになりました。
背中や肩のトレーニングでも同様で、充実度(効かせる部位や可動域)が相当アップしました。

 

走れない時はありがたい存在

暑くてランニングするのもキツイ時期ですが、家でトレーニング出来る体制にしていたのは良かったです。

今後暑い日も、雨の日も、台風の日も、雪の日も、外出自粛アゲインでも家で何かしらトレーニング出来ます。

トレーニング出来るのと出来ないのとで、一日の充実感が全然違うトレーニングジャンキー(笑)の私としては、「いつでも出来る」という状況なだけでも精神的に違ってきます。
出来る状況なので、あとは毎日コツコツやるのみです。

 

 

余談ですが、インクラインベンチは折りたたみ式のものです。
トレーニングをリビングでやるのでドーンと置きっぱなしにするわけにはいかず、毎回使用後に折りたたんで寝室の隅に片づけています。
家族とのリレーションのために必要なことです(笑)。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール