パワーグリップ。これもまた「もっと早く買っておけば…」なトレーニングアイテム

アイテム

可変式ダンベルを購入して、雨の日も風の日も自宅でトレーニングしていますが(笑)、先日新たにパワーグリップなるアイテムを購入して使い始めました。

使い始めてすぐに「これはいい!」と感じました。
そして

「もっと早く買って(知って)いれば…」

とも(笑)。

 

 

ジムではずっとグローブを使っていた

ジムでウェイトトレーニングをしていた時は、いわゆるトレーニンググローブを使用していました。
ダンベルやマシンを握る際に、手にマメができないようにするために使っていました。

グローブも決して悪くはなかったのですが、以下の難点がありました。

・モノの当たりハズレの差が大きい(耐久性、保護力等)

・すぐに汗ばんでしまい、万一放置すると臭気が…

・モノによっては着脱が容易ではない

 

自宅でも負荷重めのトレーニングをする時に使っていたのですが、これからの季節、特に後者が心配です。
汗ばんだらすぐに洗濯機にブチ込んでいますが、そうすると洗濯して干して乾くまで使えないので(苦笑)、

「どうにかならないものか? いや、どうにかしたいなぁ」

と思っていました。

 

で、ふと思ったのは、トレーニングの参考のためにYouTubeを見ていて、バリバリに鍛えている人にグローブをしている人がいない、ということでした。

でもいろんな人を見ていると、手首に何やら巻いているものを使っている人もいて、

「なんだアレは?」

となったのです。

それで、パワーグリップなるアイテムの存在を知りました。

 

即購入。使ってみてよかったところ

すぐにAmazonにアクセスして探しました。

値段はピンキリ(1,000円台~9,000円台ぐらい)でしたが、「必ずしもブランドものなら良い・高ければ良いというわけではない」というのをグローブの方で経験していたので、とりあえず手初めに一番売れているやつ(2,980円のやつ)を購入しました。

この時、まだパワーグリップの使い方は不明でしたが(笑)。

 

購入した日が背中を痛めつける(トレーニングする)日だったので、ダンベル(ワンハンド)ローイングやダンベルデッドリフトの時に使ってみました。

 

とてもいい!!!

 

最初にダンベルワンハンドローイングをやったのですが、1セット目ですぐにそう感じました。
よいのは、以下の点です。

・グローブと違い、汗だくになりにくい
・あんな形状なのに、手のマメ防止に役立つ
・グリップによる握力の疲労を軽減してくれる

特に3番目が気に入りました。

重い負荷だとダンベルをグッと握る分、グリップに強い力をかけてしまい、効かせたい所にしっかり効かせられているのか自分では分からないことがありました。
それがパワーグリップを使うことで、握力をサポートしてくれるので、効かせたい所に意識を集中させやすいなと。握り疲れが軽減されるので、効かせたい所の限界まで追い込めるし、「やってやった」感も増します(笑)。

 

「素手 or グローブの方が握力も鍛えられるからいいんじゃないのか?」

とも一瞬思ったのですが、「握力を鍛えたければ、別途握力に特化したトレーニングをすればいいじゃん」とも思うので、効かせたい所に集中できるパワーグリップの方がベターという結論に至りました。

 

こう使うらしい

第一印象は「これ、どうやって使うんだ?」だったのですが、使い方を理解しました。

引く(引き上げる)系の種目では、↓のように

 

押す(持ち上げる)系の種目では、↓のように持ちます。

 

もうマメの心配も、手の汗の心配も、握り疲れの心配も激減です♪

 

もっと早く…

使い始めてよかったと実感しましたが、同時に

もっと早く知っていれば…

とも思いました。
こればかりはどうしようもないですが(苦笑)。

 

よりトレーニングしやすい環境(?)になったので、日々やるのみですね。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール