可変式ダンベルは「買ってよかった」より「もっと早く買っておけばよかった」

生活と健康,雑感

先日、自宅トレーニング用に可変式ダンベル(FLEXBELL)を購入したことを書きました。

 

3万円ちょっとかけて購入し、家に届いてから毎日のように上半身のあちこちの部位のトレーニングをしています。
(下半身はランニングをメインにやっている)

おかげで徐々に筋肉らしき肉がついてきており、継続して家で気軽にトレーニングが出来るので

「買ってよかった~」

と思うのですが、それ以上に

「もっと早く買っておけばよかった~」

と感じています。

 

 

気軽さがハンパない

今まではウェイトトレーニングをする時は、ジムに行っていました。
ジムに行けばフリーウェイトもマシンも設備が充実しているし、周りにめちゃめちゃハードに鍛えている人たちもいて刺激を受けることもできました。

が反面、時間がかかりました…。

・家で着替えやドリンクの準備(特にウェア選びに時間が…。カッコつけたがりなので(^^;))
・家~ジムまで10分弱の徒歩
・ジムで着替える
・トレーニングをみっちり2時間
・ジムで着替える、汗を流す
・帰宅する

こんな感じで、1回に正味3時間ぐらいはかかっていました。
当然毎日通うわけにはいかず、週に2回ぐらい、多くても4回でした。

 

これが家にダンベルがあることで、ジムでのトレーニングの7割ぐらいが家でできるように。
そして、

・準備不要
・移動不要
・着替えも不要

なので、トレーニングの時間しかかかりません。
毎日あちこちの部位ごとに30分ずつでも出来るので、まとまった時間もいりません。

本当に気軽にやれるようになりました。

 

もちろんやりたいトレーニングが全てできるわけではないし重さにも限界があるので、いずれは不満を感じるかもしれないですが、今は満足度絶大です。

もっと早く気づいてやっておけば(買っておけば)よかったです。

 

会費を考えれば安い投資かも

ジムには重さが変えられないダンベルしかなかったので(その代わりたくさんの重さのものがある)、可変式のような場所をとらないダンベルがあることを長いこと知らずにいました。可変式の存在を知ったのは数年前ぐらいかと。

知った時に購入すればよかったのですが、その時は数万円が高く感じていました。
今にして思えば「分かってなかったなぁ…」という感じですが(苦笑)。

 

ジムの会費が、リーズナブルなところで月7,000円だとして、年間で84,000円。
5年通えば420,000円、10年通えば840,000円です。
そう考えると、ダンベルやインクラインベンチ、マット等々を購入して家をホームジム化しても、設備の充実度やモノの良し悪しはあるにしても安い投資なのではないかと思ったりします。

私は区営の2時間400円のジムを利用していましたが、家のダンベルは100日で100回使う予定なので(笑)、すぐにペイできるなと。
そんな理屈を考えると、さらなる欲が出てきます(笑)。

 

スペースさえあれば…

とはいっても家のスペースに限界があるので、今は可変式ダンベルとマットと腹筋ローラーが精いっぱいです。
パワーラックとかインクラインベンチ、懸垂バーなどを置いて完全なホームジムにできたら…と思うのですが、ちょっと厳しい(苦笑)。
仕方ないので、家の壁や椅子などで代用しています。

 

ただ、可変式ダンベルとマットと腹筋ローラーがあるだけでも毎日気軽にちょこちょこやれているので、それだけでも満足度は高いです。
心なしか肩や腰のコンディションも良くなってきたような♪

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール