仕事用リュックを買い替えたが結局また同じブランドになった

アイテム

8月に入って仕事用のリュックを買い替えました。

ミステリーランチのリュックを使っていたのですが、また同じミステリーランチのリュックにしました(笑)。

 

 

丈夫で背負い心地がとてもよい

2020年にミステリーランチのリュックを使い始めました。

「丈夫なもの」「他人とかぶりにくいもの」「背負い心地がいいもの」「コスパがよい」という条件を全て兼ね備えていたので、ほぼ即決でした。

 

以前は他ブランドのリュックをいろいろ使ってみたのですが、どれも1年半ほどで致命的な損傷が発生していました。
自分の使い方が良くないのかもしれないし、もしかしたらリュック全般がそんなものなのかもしれないですが、もう少し長く使えないかなと思っていました。

 

また、背負い心地も大事。
荷物を常時パンパンに詰めているわけではないのですが、自分の装備は重めらしく、他人に一瞬だけ持ってもらったりすると「うわ、重…」と引かれるので(苦笑)、背負い心地が良いに越したことはないなと。

重たいがゆえに損傷もあるのでしょうし。
あまり自覚していませんが(苦笑)。

 

ミステリーランチのリュックを使ってみると、しっかりした作りで、2年半ほど使っても今までの他ブランドのような損傷はなく、しかも背負い心地(フィット感?)も自分にピッタリ合ったので「こりゃいい! 」と思っていました。長く使えそうだぞと。

 

素材選びに失敗…

じゃあなぜ買い替えることになったのかというと、リュックの素材選びを誤ったためです。

 

最初に購入したリュック(「アーバンアサルト21」という最もポピュラーなやつ)は、並行輸入品のTPU素材のものにしていました。
防水性に優れた素材で、広く売られているコーデュラナイロン製と違ってテカりがあって他人ともかぶらないので(そもそもミステリーランチのリュックを使っている人が少ないけど(笑))、気に入っていました。

 

ところが、TPU素材ゆえに経年劣化が不可避でした。

2年半ほど経った今年6月あたりに、肩ベルトの端がヘンな色になってしまいました。
いわゆる加水分解というやつかと。

 


本来は真っ黒なのですが…。
肩ベルト内側の変色らしく、外側をいくら拭いたりしても意味なし…。

 

肩ベルト以外にも、本体の縫い目使くのあちこちに加水分解の兆しらしき変色が見え始め、

「ああ、こりゃあかん。買い替えないと」

となりました。

普段使いならあまり気にせずにいられたかもしれないですが、仕事用なので…。

 

「21」から「24」に

今回、新たに「アーバンアサルト24」を購入しました。
今回はTPU素材ではなくコーデュラナイロン製で、日本で広く売られているものです。

 

サイズ的には21で十分だったのですが(上記の通り丈夫だし)、21にはなかった以下の点を求めてワンサイズ大きい24にしました。

・PC用の独立スリーブがある
・サイドポケットがある
・バッグ内部のポケットが多め

 

PC用の独立スリーブがあると、PC(またはiPad)だけすぐに出したい時に便利だなと。

またサイドポケットは、折畳み傘を入れることができて非常に便利です。

バッグ内部のポケットは正直あってもなくてもよかったけど(笑)、あるに越したことはないかなと。

使い始めてすぐに気に入りました。

 

3年以上…いや、できるだけ長く使いたい

監査法人に勤務していた頃やコロナ前とは違い、毎日リュックを背負って歩くわけではないのですが、自分以外の人が持つと重たいらしいので、ある意味「ヘビーユーザー」なのでしょう(笑)。

丈夫なはずだし、今回はTPU素材のような加水分解もないので、3年以上は使いたいなぁと思っています。

 

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツを見るのも好きなトレーニングジャンキー。サブ3.5を目指す(あと6分弱…)自称中級市民ランナー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール