自分の靴を棚卸してみたら、ランニング用シューズが一番多くなっていた

日常の出来事,アイテム

年が明けたタイミングでふと思い立って、自分の靴を棚卸してみました。

 

「そろそろ新しいシューズを買おうかな。でもその前に履かなくなったやつを捨てて、スペースを確保しないとな」

というのもあります(笑)。

 

棚卸をしてみて気づいたのですが、自分が所有している靴の構成に変動が生じていました。
ずいぶん前からそうなっていたとは思うのですが(苦笑)。

 


現在ヘビロテのランニングシューズ4足

 

「○○用はこの1足」とはしていない

靴の中でも日常的に使用するものは、「この靴1足だけ」というふうにはしていません。

たとえば、ランニングシューズは「コレだけ1足」とはしていないし、スーツ着用時のビジネスシューズも普段用の靴も複数所有しています。

 

なぜなら、2日連続で同じ靴を履きたくないからです。
複数をローテーションで履くよりも耐久性が落ちるし、臭いもキツくなりやすいからです。

靴には一晩だけではなく24時間以上の休息期間が必要だろうと。

昔はGKグローブやボクシンググローブもそうしていました。

 

なので、「ランニング用1足、仕事用1足、普段用1足…」といった最小限の持ち方はしておらず、常時まあまあ所有しています。

 

監査法人勤務時代はビジネスシューズが大半だった

20~30代の監査法人勤務時代は、仕事用の靴(スーツに合わせるビジネスシューズ。いわゆる革靴)が大半を占めていました。
ランニングを本格的に始める前だったし、繁忙期は週7日勤務だったりして使用頻度が抜群に高かったからです。

この時代は仕事用だけで8足は持っていたかと。

なので、当時の下駄箱(とは今はあまり言わないか…)には黒のビジネスシューズがびっしり入っていたものでした。

 

辞めてから構成が変わった

それが監査法人を退職して独立してからは、自分の靴の構成が変わっていきました。

スーツを着る頻度が減ったのと(週6、7日勤務もなくなった♪)、ランニング熱が高まっていったことが相まって、「ビジネスシューズ↓、ランニングシューズ↑」となりました。

 

先日、靴の棚卸をしてみたら、こんな感じになっていました。

ビジネスシューズ(いわゆる革靴)…4足
ビジネスカジュアル用スニーカー…2足
普段用スニーカー…6足
ランニングシューズ…8足
仕事・普段兼用ブーツ…3足
サッカーシューズ…1足
その他…4足(バスケ用×2、ボクシング用×1、サンダル×1)

 

自分の中では「だいぶ減らした」と思っていたのですが、あまり減っていませんでした(苦笑)。

ていうか、まだ多い…(汗)。

 

どれもゼロにはできない…

だからといって、どの用途の靴もゼロにはできません。

 

ビジネスシューズはもう少し減らせるかもしれないですが、いつ何時あるか分からない冠婚葬祭の時には欠かせないし、仕事でスーツを着ることもまだゼロではありません。

 

ランニングシューズも、

「ハーフ~フルのレース用」
「10km以下のレース用」
「高速練習用」
「ジョグ・LSD用」

という感じで用途を細分化すると、現状の8足から削るわけにいかず。
「1足買ったら1足捨てる」みたいにするしかありません。

 

ブーツ3足はどれも20年超使用していて良い年季が入っているので捨てたくない!(笑)

 

普段用スニーカーが多いかなぁ。

減らすならココからでしょうね。
抵抗ありますが(苦笑)。

 

そして、棚卸をした結果まだまだ靴が多いということが分かり、新しい靴に手を出すのは見送ることにしました(笑)。
普段用スニーカーがあと3足くらいボロくなったら検討しようかと思います(苦笑)。

 

自分の所有物の棚卸は、時々やってみるものですね。
自分がいかに持ちすぎかがよく分かります(苦笑)。

 

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツを見るのも好きなトレーニングジャンキー。サブ3.5を目指す(あと6分弱…)自称中級市民ランナー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール