ノートPC用スタンドを導入したら想像の倍以上よかった

日常の出来事,アイテム

最近、ノートPC用のスタンドを購入しました。
在宅勤務中の妻が使っていて、すごくいいよと言っていたので、じゃあ使ってみようかなということで。

感想を一言で言えば、

 

「もっと早く使えばよかった」

 

でした(苦笑)。

 

 

知らなかったわけではなかった

ノートPC用スタンドの存在を全く知らないわけではありませんでした。
監査法人勤務時代(9年前!)にも使っている人がいました。ただ、その人はお気に入りのマイキーボードを使うためにスタンドを使っていたので、

 

「なるほど。マイキーボードを使いたい人はああいうふうにやるのね」

 

ぐらいにしか思っていませんでした。

そして、それ以外に利点があるとは思いもしていませんでした。

 

使ってみたらよかった

妻がすごくいいよと言ってくれていたのですが、自分が使うからという理由で貸してくれないので(笑)、Amazonで評価が高いものから一つ選んで購入しました。

値段は2,200円ぐらい。

 

これが当たりでした。

 

1.視線(ディスプレイを見る角度)が上がる

ディスプレイの位置が5~10cm上がるので、視線も上がります。
それによって若干ですが、首の負荷が軽減されるんじゃないかと。
少しですが、体感レベルでラクになった感じがします。

リモートワークで画面とにらめっこする時間が増えていますが、そういう環境にもやさしいぞと思いました。

 

2.キーボードでの入力に支障がなかった

当初、キーボードの角度が変わることでタイピング(文字入力)に支障が出てくるんじゃないかと思い、導入を踏みとどまっていました。

 

が、いざ導入してみると、とんでもない。
そんなに違和感なくタイピングできています。
もちろん角度をつけ過ぎるとアレですが(笑)、逆に適度な角度だと従来より良く感じられます。

 

 

3.パームレストが本当に「パームレスト」になる

キーボードの下、つまりタッチパッドの左右は「パームレスト」と言いますが、今までノートPCを使ってきてパームがレストされると感じたことはほとんどありませんでした(苦笑)。

それが、スタンドを導入してキーボード部分に角度がつくことで掌底の部分が常時パームレストに乗っかるようになり、それがいい感じにフィットするようになりました。

 

「ああ。だから「パームレスト」って言うのね」

 

と初めて実感しました(笑)。

 

3.コンパクトに折りたたみができる

どれも同じなのかもしれないですが、 折りたたみできます。
極太・極厚の定規ぐらいの大きさになります(そんな定規あるのか?)。

 


形状はスキーの板みたいでもある(笑)

 

なので、PCを使わずデスクを広く使いたいときにはスタンドも折りたたんで収納できるし、仮にクライアント等の出先で同じようにスタンドを使いたい場合でも容易に持参できそうです。
まぁ、外で使うことはあんまりないでしょうけど(笑)。

 

「仕事環境はディズニーランド」と考える

今回ノートPC用スタンドがよかったことから、「仕事環境はディズニーランドと一緒だ」と考えることにしようと思いました。

 

その心は、どちらも

「完成することがない、進化しつづけるもの」

です(笑)。

 

環境を一つ改善してもまだまだ改善の余地はあるし、ツールなども日々開発・改良されているので、改善の余地がなくなることはないでしょう。

もちろん全てを取り入れることはできないし、またその必要もないでしょうけど、常に「これを導入したらどうなるだろうか?」という視点でアンテナを張っておくのはアリだなと思いました。

 

さぁ、次はどこを改善しようか?(笑)

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール