【これってあるある?】帰宅直後に手を洗っているのに…

日常の出来事

最近…いや、以前から自分がよくやることに

帰宅直後に一度手を洗っているのに、しばらくするとそのことを忘れて、「洗っていなかったかも?」と気になってまた手を洗う

っていうやつがあります。

これって「あるある」でしょうか?(笑)

 

 

無意識化されてしまっているから?

コロナ前から帰宅後すぐに手を洗うことはしているのですが(特にインフルエンザ流行期には)、すでに無意識化されているせいか、洗ったことを忘れてしまいます。
それで、何かを食べる時になって「やべぇ。手洗ってなかったかも」となり、慌てて手を洗いに行くことがあるのです。

後でしっかり振り返れば「帰宅してすぐに手洗ってるじゃん」と思い出すのですが、その時は自分の記憶に自信が持てないというか、「アヤシイな…」となってしまうのです(笑)。

しっかり手を洗ってから食事しているのでそれはそれでいいのですが、たまに

「俺、ちょっとナーバスになってないか?」

と思うこともあります(苦笑)。

 

手洗いだけじゃなかった

こんなことはコロナ禍特有のことなんだろうなと思っていたのですが、よく考えてみると自分の場合、他にもありました。

外出する時に家のカギをかけるという当たり前のことを毎回必ずやっているのですが、やはり無意識にやってしまっているようで、マンションのエレベータで下りている間に

「あれ?俺カギちゃんとかけたっけ?」

となることがたま~にあります。

その時はまたエレベータで上に戻るのが面倒くさいので(笑)、マンションのロビーで少し記憶をたどります。
全然自信がない時や長期の外出時には仕方なく上まで戻るのですが、当然カギはかけてあります(苦笑)。

 

こんな調子なので、コロナどうこうではなく、自分の性格的なものなのでしょう(笑)。

 

問題ないなら結果オーライと考える(しかない)

時々「ムダな時間を過ごしたなぁ」と思うのですが、こういう場合に考えられる対処は2つかなぁと思っています。

 

1つは、何事も意識的にやること。

カギをかけたら、「カギをかけたぞ!」と自分に言い聞かせる。
帰宅して手を洗ったら「手を洗ったぞ!」と自分に言い聞かせる。

という感じ。
同じ呼吸でも深呼吸したことがちゃんと記憶されているのは、やっぱり意識的にやっているからなのかなと。ならば、大事なことは無意識でやっちゃいかんなと思ったのです。

 

もう1つは、「結果的に問題ないならいいじゃん。よかったじゃん」と割り切ること。

手を洗うとかカギをかけるという大事なことを忘れずにやれているわけだからそれでいいじゃんと、半ば開き直るしかないなと(笑)。
万一忘れていたらヤバいというか心配度が激増するので、そうならなくてよかったじゃんと考えるしかないかなと。

「ムダな時間」は決してムダではないよと思うしかありません(苦笑)。

 

コロナ禍になってから、外出しても外のモノに触れることも極めて限定的になりましたが、それでも手洗いはマストだと思うので引き続きしっかりやるしかないです。
「忘れずにやっていればいいや」ぐらいに考えておこうと思っています。

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール