「カネロ vs ユルドゥルム」はアップセットなしと予想。あったら面白いけど(笑)

ボクシング

今週末に、サウル・”カネロ”・アルバレスとアヴニ・ユルドゥルム(Avni Yildirim)のWBCスーパーミドル級&WBAスーパーミドル級スーパーのタイトルマッチが行われます。

(「WBAスーパーミドル級スーパー」って、分かりにくいな。WBAが独自に設けている「スーパー王座」のことです。もう、「スーパー王座」っていうのなくしてほしい (^^;))

現在のボクシングPFP1位のカネロの試合ということで個人的に注目していて、大波乱があってほしいと思っているのですが(笑)、ないだろうなと予想しています。

 

 

挑戦者ユルドゥルムの印象

今回のカネロの試合は、WBCが指名した挑戦者との防衛戦ということのようです。なので、スーパーミドル級4団体統一制覇を目論んでいるであろうカネロとしては「手堅く勝っておきたい試合」かと。

最初に「ユルドゥルムと対戦」というニュースを聞いた時に思ったのは、

 

「ユルドゥルムって誰?」

でした(苦笑)。

挑戦者に指名されているから実力はあるのだろうと思っていますが、どんな選手か、そしてカネロといい勝負ができそうかは見てみないと分からない。
ということで、YouTubeで過去の試合のハイライト動画を3試合ぐらい見てみました。

見た試合が少ないですが、印象を箇条書きすると、

・ガードを固めながら前に出ていくタイプ
・気が強くて、接近戦を好んでいそう
・「上手い」感じはしない。だけどタフ
・バッティング多そう(苦笑)

という感じでした。

 

クリス・ユーバンクJr.にKO負けした試合も見ましたが、アゴはガードを固めていたけれど、テンプルがガードできていなかったようでした。

ユーバンクJr.は近距離でのジャブやテンプルへのフックで徐々にガードに隙間を作っていましたが、カネロなら足を使って一定の距離を保ちながらテンプルとボディの上下に打ち分けて攻略していくかなと思いました。

 

アップセットに期待したいけど…

個人的にカネロは好きではないのですが、今回のカードはカネロが圧倒的に有利だと感じました。

正直なところ、ユルドゥルムがカネロに勝つことを想像するのがちょっと難しいです(苦笑)。
敢えてユルドゥルム勝利を想定するならば、試合中盤あたりにカネロが余裕を見せてガードせずにヘッドスリップだけでディフェンスしたところに一発いいパンチを入れてグラつかせて……、というぐらいかなと。

 

試合の序盤か中盤か終盤かは分からないですが、最終的にカネロがKOするだろうと予想しています。

今回の試合に関しては、カネロが格の違いを見せつけるんじゃないかと思います。
個人的にはアップセットに期待したいのですけどね(笑)。

 

ただ、カネロは今後4団体統一を狙っていくと思うので、この後やるであろうIBFチャンピオンのケイレブ・プラント戦やWBOチャンピオンのビリー・ジョー・ソーンダース戦の方でバチバチの激しい試合になるのを楽しみにしています。

おそらく今年中か来年の前半にはやるでしょう。

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール