「ロングスロー論争」なるものがあると知ったので私見を書いてみた

サッカー

つい最近、「ロングスロー論争」なるものがネット上で起こっていることを知りました。
内容をざっくり書くと、全国高校サッカー選手権大会で勝ち上がっている高校にロングスローを使っているところが複数あり、

「手で投げる行為でチャンス作るって、サッカーとしてどおなの?」
「高校では通用しても、プロじゃ通用しない」
「ルール上認められてるんだから」

といった喧々囂々の議論が起こっているそうな。

個人的には「ロングスローが論争になるとは…」と苦笑してしまうのですが、ブログに書くいいネタを見つけたので(笑)私見を書いてみようと思います。

 

 

 

ロングスローはいつから?

私見を書く前に、ロングスローについて自分が知っていることを書こうかと。

 

近年ロングスローで世界的に知名度が高かったのは、ロリー・デラップかと。
プレミアリーグでは、ある種「見どころ」だった時期がありました。

あと、ホベルト・カルロスも時々ロングスローを見せていました。
ロングスローでチャンスメイクをしていたわけではないけれど、かなり離れた味方選手にもボールを出していました。

現役ではガレス・ベイルがたまに見せますね。

 

でも、ロングスローがサッカーで行われるようになったのは、最近ではありません。
少なくとも1980年代からありました。

私がサッカーでロングスローを見たのは、ベルギーのエリック・ゲレツが最初です。
80年代ベルギー代表の右サイドバック。所属していたPSVでは、キャプテンとして欧州チャンピオンズ・カップ(当時)制覇に貢献していました。

1986年W杯メキシコ大会で初めて見たのですが、ゲレツはGKプファフにノーバウンドでバックパスしていました(笑)。
当時小6の少年ダイはスローインで10m前後しか投げられなかったので驚きでした。

「これ、攻撃で使ったらすごいじゃん」と少年ながらに思っていました。

 

で、1988年のトヨタカップ。
忘れもしないPSV vs ナシオナル・モンテビデオの試合。大激戦の末のPK決着でした。

その時のPSVの一点目(同点ゴール)が、ゲレツのロングスローが起点でした。
その前にも何度かロングスローを使っていて、「これ、点取れるかも?」と思っていたところにホマーリオがヘッドで決めました。

 

同じ1988年のEUROでもロングスローを見ました。
グループリーグのソ連vsアイルランド戦でのアイルランドの先制点。

ミック・マッカーシーのロングスローに、ロニー・ウィーランがダイレクトボレーで合わせたスーパーゴールでした。
ソ連のGKが当時世界最高と言われていたダサエフだったので、驚きを超えて衝撃でした。

はい。こちらです。

 

ということで、

「ロングスローはずっと前からあったよ。しかも高校レベルじゃなくてね」

ということをここでは書いておきます。

 

ルールを活かして何が悪い!

本題に戻ります。

そもそも論争になること自体が個人的に「?」です。
ルール上、ボールがタッチワインを割ったらスローインで再開されることになっています。
そのスローインには距離の制約もないし、「アシストしちゃいけない」ともされていません。

ロングスローも、さらには、それをチャンスに利用するのも、ルール上何ら問題ありません。

 

「手で投げる行為でチャンス作るって、サッカーとしてアリなの?」
→スローインそのものに文句があるなら、キックインルールに改正するようFIFAにアピールしなよ。

「高校では通用しても、プロじゃ通用しないんだから」
→「通用しない」んじゃなくて、「できる選手が今いない」んでしょ?

こんなふうに思っています。

シンプルに言えば「ロングスローができる選手がいるなら、それを活かせばいいじゃん。ルールを活かしているのに何が悪いの?」ということです。
フェアじゃないというのなら、FIFAにキックインルールに変えさせればいい話です。

 

やれるのならやればいい

私は「ロングスローができるのなら、それを武器にすればいい」というスタンスです。
スローインをCKや間接FKと同等のチャンスにできるのは、いい武器になるでしょう。

ただ、同時に「ロングスローができる」イコール「サッカーが上手い」とは全然思いません。
「足が速い」と「サッカーが上手い」がイコールでないのと同じで。

サッカー(足でのボールコントロール)が上手くなければ試合でロングスローを使うこともできないのだから、優先すべきは間違いなくサッカーです。そこは取り違えないてはいけないところです。

 

それにしても、「ロングスロー論争」があるとは…。
バスケでたとえれば、「デカい人はダンクしちゃいけない」みたいなレベルの話に感じます(苦笑)。

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール