NBA2020-21シーズン開幕。まずやることは情報の把握(笑)

NBA

今日、NBA2020-21シーズンが開幕しました。

レギュラーシーズンは今季は72試合になるそうなので、40試合ぐらいを消化したら順位を気にするかなぁと思っています。それまでは「ふ~ん」ぐらいの感じでチラ見かと。

開幕したからといって急激に盛り上がることはなく、優勝予想などをする前にまずやらなければならないことがあります。

それは、選手の移籍や動向の把握です(笑)。

 

 

毎年「誰がどこに」の把握が大変(汗)

毎年「誰がどこに移籍した」「誰が誰とトレードされた」といった情報のキャッチアップに四苦八苦しています。
シーズン序盤は浦島太郎状態です(苦笑)。

つぶさに情報を把握していればいいのかもしれないですが、自分のキャパシティでは処理しきれないので、開幕とともにエイヤッとまとめて把握することにしています。

サッカーの移籍情報の把握も大変だし、MLBも大変。
見るスポーツは、さらにMMA、ボクシング、マラソン、トライアスロン、ラグビー等々あるので、キャパオーバーは不可避だなと諦めています(笑)。

 

やっぱりびっくり

毎年あっと驚く移籍・トレードがあるものですが、今季もやっぱりびっくりでした。

・ラッセル・ウェストブルックのウィザーズ行き(ジョン・ウォールとトレード)。
・ラジョン・ロンドのホークス行き
・クリス・ポールのサンズ行き

等々。

特に、ウェストブルックのウィザーズ行きにはびっくりでした。
八村選手とチームメイトになるので、いい驚きです。
今季はプレイオフ進出、さらにファーストラウンド勝利が目標かなと。

ちなみにウェストブルックが背番号を今までの0から4にしたのは、高校時代の背番号だったからだそうです。
いずれにしてもウィザーズには注目したいです。

 

注目チームを3つ挙げると…

注目チームを3つ挙げるとすると、

・LAレイカーズ
・ワシントン・ウィザーズ
・ブルックリン・ネッツ

でしょうか。
このうち優勝戦線に絡むのはレイカーズだけだと思いますが(苦笑)。

 

レイカーズはロンドやハワードが抜けたけれど、デニス・シュルーダーやマルク・ガソルが加わったので、大きな戦力変動がなさそう。ということで今季も優勝候補じゃないかなと思っています。

ウィザーズは上に書いた通り。
ウェストブルックと八村選手がいるので応援しようと。

ネッツはデュラントが復帰してどうなるか、です。
アービングとデュラントの2人が上手くかみ合うのかも注目だし、どのぐらい強くなるのかも見てみたいポイントです。

 

優勝候補はまだ分からないです。
たぶん今予想したところで当たりそうにないので、予想はやめときます(笑)。

 

いずれにしても選手の大きなケガがなく、また新型コロナの影響がなくシーズンが進んでほしいものです。

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール