自分以外は全員味方|さいたま国際マラソン2019出走記④(終)

ランニング、マラソン

今回のさいたま国際マラソン2019に限ったことではないですが、どのレースにおいても「敵」というのは設定していません。「敵」は自分だけです。

周りのランナーはみんな味方。給水や沿道のスタッフの方々もみんな味方。
自分以外の人には尊敬と感謝しかありません。

 

 

誰かと張り合おうというのは全然ない

走力のレベルや普段のランニング環境によるのでしょうけど、私の場合、レースで「誰かと勝負」というのは全く考えていません。考えようがありません。

自分より速いランナーはたくさんいるし、普段一人でランニングをしているので「ライバル」もいません。
同レベルのタイムで走る友人・知人がいますが、勝った/負けたを感じることはありません。
勝負する相手といえば、「去年の自分」や「前回の自分」です。

タイムで比較するにしても、同じレースで走らないとフェアじゃないし、同じレースで走ったとしても、その時のコンディション次第で結果はどうにでもなります。

そもそも1位や上位を目指せるレベルではありません。今回の2900位台の順位を、頑張って1900位台などに上げたとしても、周囲へのインパクトはゼロです(苦笑)。

市民ランナー&ひとりランナーの自分が、誰が他人と比べるのはナンセンスだなぁと思うのです。

 

周りのランナーもスタッフの方々には尊敬と感謝しかない

レースで自分の周りで走っているランナーに対しては尊敬しかないです。

みんな、それぞれの思いを持って長い距離を走っています。暑さ寒さにも負けず。
走っても、何か報酬があるわけでもないだろうに(笑)。

周りのランナーがみんな私と同じで「自分」と戦っているのだと思うと、敵意なんて持ちようがありません。むしろ、「みんな頑張ろうぜ!」という思いになります。

 

スタッフの方々も、ランナーに対して無差別に応援・サポートしてくれます。
給水所なんて、紙コップがたくさんポイ捨てされていて、掃除が大変だろうに…。
コース整理のスタッフさんも「がんばれ~」「がんばって~」など声をかけてくれます(私は応じられないぐらいテンパっていることが多いですが…)。
見ず知らずの人からでも、応援されるとうれしいです。

沿道で応援してくれる人もそうです。
時々心に刺さる(染みる)声掛けをしてくれる人もいて、折れそうな心が折れずに済むこともあります。

全員「俺の味方」だと感じます。
ありがたいことです。

 

レースはやめられない

レースで全力を尽くしてカラダはボロボロになっても、応援やサポートを受けて力をもらう部分も同時にあります。
なので、自分のタイムが良くてもヒドくても「またやろう!」という気持ちになります。
(場所に関係なくそう思うのですが、抽選でアレなことが多いのでリピートは難しい(^^;))

 

さいたま国際マラソン2019のことは、今日までにします。

さいたま国際マラソンは、また来年走るつもりです。
コース的に好タイムが出しにくいレースかもしれないですが(同時に苦しい…(^^;))、走ってて楽しいので。

 

楽しかった気分に乗っかって、春に行われる埼玉県某所のレースにエントリーしました。
フルでもハーフでもないですが、ちょっと縁のある場所なので。
今から楽しみです。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール