2023年に限らず「せいちょう」が目標

雑感

2023年になり、気がつけば1月6日。私の誕生日(苦笑)。
誕生日だからといってどうということもなく、シンプルに「365日の中の1日」として過ごしています。

そして今年も特に「今年の目標」のようなものは設定しないでおこうと思っています。

 

 

短期目標には振り回されやすい

自分の経験上、「今年の目標」のようなものを設定すると、それに振り回される傾向があります。

1年間の目標のような短期目標だと、どうしても数値目標が出てきてしまい、そうなるとその数字に振り回されるというか、その数字を達成することが目的化してしまうもので。

 

数値目標には、その数値を設定することになった背景(その数値目標の先にある目的とか、その数値にした理由とか)があるはずだし、そこにこそ意識を持つべきだと思っているのですが、数値目標があると、どうしても意識がその数値に行ってしまうのです。
やっとの思いで達成したところで「あれ?なんでこの数字を目標にして、この数字を追いかけてたんだ?」となったことがあり、やめることにしました。

目標を持つなら長期的な目標というかビジョンを持って、それにただ邁進すればいいかなぁと。
もちろんその長期目標に近づけていく手段として短期の数値目標を設定することはアリだと思います。

 

「せいちょう」をつづけたい

私の場合、数値化することができず、「ゴール」もない長期目標なので、「今年は○○」みたいな目標や抱負にはしません。
「今年は」ではなく「今年も」です。

何かというと、

 

成長と整腸です。

 

ダジャレも込めて(笑)。

また1つ歳を取って、フィジカルのピークからまた少し下降していることは認めざるをえない状態です。
ごまかそうとしてもごまかしきれない(苦笑)。

でもどこかの部分で成長は続けていたいと思っています。
フィジカルではなくメンタルでもいいし、瞬発力・敏捷性ではなくスタミナ・持久力でもいいし。
どこかで成長を感じることが出来れば、次の1年も前向きに迎えられるかなと思っています。

 

整腸の方は、以前に読んだ健康関連の本に腸の重要性が強調されていて、腸内環境を良好にしていきたいと思ったのがきっかけです。

どうやって整腸(腸内環境を良く)するかは、あれこれ試してみようかと。何かすごいことをやるつもりはなく(笑)、まずは食生活の見直しから始めています。

 

あまり気分は新たになっていない(苦笑)

新年になったので「気分を新たに」といきたいところですが、あまりそうなっていないのはいいのか悪いのか(苦笑)。
ただ、ヘンに力が入りすぎることなく新年のスタートを切ることができているので、そこは良しとしようかと。

今年も(今年は?)充実した1年にしたいです。

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツを見るのも好きなトレーニングジャンキー。サブ3.5を目指す(あと6分弱…)自称中級市民ランナー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール