「東京マラソン、延期でよかった~」としみじみ思った朝

ランニング、マラソン,日常の出来事

東京マラソン2021が、来年2022年3月6日に延期になったことをこないだ書きましたが、当初予定はあさって10月17日でした。

今の自分のコンディションを考えると、

 

「延期でよかった~」

 

としみじみ感じます(笑)。

 

 

感染者数は激減したが

当初予定日の2日前となった今では

 

「10月17日にやってもよかったんじゃない?」

 

と思えますが、それはあくまで結果論。
延期が決定された9月17日時点では、ここまで新規感染者数が激減するとは予想していなかったし、誰も予想できていなかったのでは?
(感染症の専門家の方々もなぜこんなに激減しているのか説明できないみたいだし)

1ヶ月前の状況が状況だったので、延期になったことについては納得しています。

 

コンディション全然ダメ

延期になってよかったと思う理由は、ただ一つ。

 

自分のコンディションが全然ダメだからです(苦笑)。

ワクチン接種による安静期間があったり、たまたま仕事でアタマと神経を使うことが多かったり、「今日は追い込んでみようか!」と意気込んだタイミングで台風が来たり(苦笑)といった練習不足で、自己ベスト更新なんて程遠い状況。

こないだの週末に20kmを2時間以内に走れる(であろう)ことは確認できましたが、その先はまったくの未知数。
いや、「40kmを4時間以内」は厳しそう…。

 

恥ずかしながら、今そんな状況なのです。

一応サブ3.5を目指しているのですが…。

 

当初予定の2日前だと気づいて…

今朝、6kmだけジョグったのですが、その時に

 

「あ。本来なら明後日がレース日だったんだ」

 

ということに気づきました。

20kmなら2時間以内で走れそうだし、10kmなら50分以内で走れそうだけど、42kmは4時間も切れるかどうか。いや、それ以前にしっかり走り切れるのかどうか……という状態。
レース2日前にこんな状況であることを想像したらゾッとしました。

レースが予定通りに行われるという決定だったならば、急ピッチでもう少し仕上げていたとは思いますが、それでもサブ3.5どころか自己ベスト更新も難しかったでしょう。

出走回避したかも(笑)。

 

あと4か月半ほど猶予があってよかったです。
もちろんその時に感染状況がどうなっているかわかりませんが、それはそれということで。

 

これからやるのみ!
同時に体重絞る(笑)。

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール