「甘くないっすか?」敗戦よりも気になること

サッカー

夕べ、地震があった後にサッカー日本代表のW杯予選 vsサウジアラビアがあったそうですが、睡眠優先のため見ませんでした。
起きている時間帯でも見なかったと思いますが(笑)。

朝起きて結果を知ったのですが、0-1で敗戦。
3試合で1勝2敗。
明らかにマズいですね。

個人的に日本代表の結果は気にしていないのですが、以前から一つだけ気になっていることがあります。

 

 

採点、甘くない?

それは、試合後にマスコミ(主にサッカー誌のメディア)が選手個々と監督の採点をするのですが、その採点が総じて甘いということです。

 

そもそも選手個々の採点をするようになったのは、Jリーグが始まった90年代中頃あたりからかと。イタリアの『ガゼッタ・デッロ・スポルト』誌がやっていた採点をベースに始めたと記憶しています。

10点満点の採点ですが、おおむねこんな基準だと理解しています。

 

9 or 10点…10~20年に一度レベルのスーパーな大活躍、チームの命運や人命を救う素晴らしい活躍
8点…その選手の最高レベルのパフォーマンス
7点…満足度の高い好パフォーマンス
6点…及第点。「その選手ならこのぐらいやるでしょ」レベルのパフォーマンス
5点…イマイチ。「もっとできるっしょ」という、満足に至らないパフォーマンス
4点…ダメ。「どうしたの?」「今日ダメじゃん」と言いたくなる低パフォーマンス
3点…最悪。「何しとんねん!」「次戦は出ない方がいいんじゃない?」っていう感じ
2点以下…激レア。超悪質なプレーや醜態を晒した場合にのみ採点

 

勝った試合は高めに、負けた試合は低めに採点されるのは当然ですが、以前から負けた試合もあんまり低くないなぁという印象があります。
どこのメディアがということではなく、全体的に。

「奮闘したけど負けた」「よく頑張ったけど結果につながらなかった」とかならいいのですが、「いいところなく負けた」「見せ場がほとんどなかった」のような負け試合でも低くないのがどうもなぁ…と思うのです。

 

目標はどこ?

3つのメディアの夕べの試合の採点を見てみたのですが、こんな感じでした。

 

#12…A誌6.0、B誌6.0、C誌5.5
#5…A誌5.5、B誌5.0、C誌5.0
#16…A誌6.0、B誌6.5、C誌6.0
#19…A誌5.5、B誌5.5、C誌5.5
#22…A誌5.5、B誌6.0、C誌5.5
#6…A誌5.5、B誌5.5、C誌5.5
#7…A誌3.5、B誌3.5、C誌3.5
#9…A誌5.0、B誌4.5、C誌5.0
#10…A誌5.0、B誌4.0、C誌5.0
#18…A誌5.5、B誌5.5、C誌5.0
#15…A誌4.5、B誌5.0、C誌5.0
監督…A誌4.0、B誌4.0、C誌採点なし

 

「W杯アジア予選での敗戦」なわけですが、チームの目指す最終目標が「W杯アジア予選突破(本大会出場)」であればまぁ妥当な採点なのかな、とは思います。

 

でも、「ゴール」はそこでしたっけ?

サッカー日本代表が目指しているのは、
「W杯本大会でGLを突破して、決勝トーナメントで1勝以上する(=ベスト8以上)」
だと思っていましたが。

 

相対的にレベルの低いアジア予選は余裕で突破して当然。

本大会が本当の勝負の始まり。

そんな感じじゃないのかな、と。

 

違うなら↑のような採点でも別にいいのですが、もし自分の理解が正しいならば↑のような採点は甘いとしか言いようがないです。

勝って当然。最悪でも引き分け。
そんな試合で負けたのだから、全員もう1点下げてもいいんじゃないかなと思います。

 

突出して厳しいメディアも出てきたら面白い

もしかしたら厳しい採点だと雑誌が売れなくなるとか記事が読まれなくなるといった事情があって甘めな採点になっているのかもしれませんが(笑)、勝った時と負けた時の落差が少ない感じがするのが不満です。
しかも、突出して厳しいとか突出して甘いとかが全然なく、全体的に甘め。

時間があれば、採点をしているメディアの採点をしたくなります(笑)。

 

 

いずれにしても、このままでは厳しいでしょう。
もう1敗したら終わりかもしれませんね。

個人的には多いと思っている「アジア4.5枠」に入るのも厳しい状況になるとは…。

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール