わが子の夏休み始まる。できることが限られるのは親子共にキツイ。。。

生活と健康

今日からわが子(中2、小4)の夏休みが始まりました。

旅行に行けない、学校のプール教室なし、クラブ活動は超限定的、街は密が心配と、身動きのとりづらい約40日になりそうで、どうしたものかと思案しています。

 

 

オリンピック観戦は幻に…

私の妻がオリンピックのチケットを当てていて、本来なら妻と子供が観戦に行く予定でした。

私は全滅でしたが(苦笑)。

 

仕方がないので家族でTVで見ますが、もしも当選していた日程の競技が素晴らしい勝負だったら、悔しさが倍増するだろうなぁ…とか思ったり。

私は関係ないですが(苦笑)。

 

今年も旅行は難しい

去年に続き、今年も旅行に行くのは難しそうです。

「不可能」ではないのでしょうけど、まず海外に行くにはハードルが多いです。
緊急事態宣言期間がつづくので、東京都から出て行くのも基本的によろしくないのでしょう。遊びの旅行なんて、文字通り不要不急ですからね。

都内のどこかならいいじゃんというのもあるのですが、子供たちが楽しめるところがなかなか…。そもそも外はク○暑い(笑)。
街は感染リスクを考えると、ちょっと避けたいです(特にオリンピック・パラリンピック期間中はリスク高めかなと)。

3年ほど前までは毎年のようにハワイに行き、家族で楽しく過ごしていましたが、それはまだまだ厳しいですね…。

 

学校の活動もほとんどできない

学校のクラブ活動も、かなり限られているようです。
緊急事態宣言期間中であることに加えて、この猛暑。
「部活の予定だったけど中止になった」ということもあるでしょう。

 

仕方がないことなのですが、学校の活動も制限されると子供たちもつまらないだろうな~と推察します。

 

さて、どうするか?

これから8月末までどうするか悩ましいのですが、とりあえず夏休み前半は宿題を終わらせることに注力させたいなと思っています。
8月31日に子供たちがテンパる姿を見たくないし、自分も巻き込まれたくないので(笑)。

やってくれればいいですが…(苦笑)。

 

「何もできない」というわけでもないので、限られてはいるけれど、家や近場でできること・できそうなことをやるしかないですね。
ちょっとした買い物とか散歩とか、サッカーのパス練習とかならできるかな。もうちょっと考えます。

まぁ、あとは子供たちがお友達と遊んだりするかな、と期待(笑)。

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール