「パッキャオ vs クロフォード」!? 楽しみだけど「その先」の方が楽しみ

ボクシング

最近ネット情報に疎くなっていて、知ったのが今日なのですが(苦笑)、マニー・パッキャオ vs テレンス・クロフォードのビッグマッチを6月にアブダビ(UAE)でやる方向で交渉中のようですね。

 

6階級を制覇したパッキャオと、ウェルター級無敗王者のクロフォード。

めちゃめちゃ楽しみなのですが、個人的には

「パッキャオ、よくやるなぁ」

という印象です。

 


パッキャオのニックネームが「PACMAN」なので…

 

パッキャオ42歳。約2年間試合なし…

パッキャオがすごいボクサーなのは今更説明するまでもないのですが、今回に関しては年齢とブランクが気になるところです。

42歳。最後の試合は2019年7月のキース・サーマン戦。
約2年も試合から遠ざかっています…。

しかも相手は無敗のクロフォード。
今のPFPランキングでもトップ3に入る選手(個人的には1位か2位だと思っている)。

さすがに厳しいんじゃないかと。

パッキャオにとっては「最後の大一番」的な感じでしょうか。

 

リスクはクロフォードの方が高い

この試合、勝った選手は確実に評価が上がると思っています。

パッキャオが勝てば、

「スゲー!42歳で無敗のクロフォードに勝ったぁぁぁ!」

となり、ボクシング史に残る「伝説」の一つになるでしょう。

クロフォードが勝っても

「おお!パッキャオに勝ったよ!やっぱり本物の強さだよ!」

となるでしょう。

 

ただ、負けた選手へのリアクションはちょっと違うかと。

パッキャオが負けても

「まぁ42歳だからねぇ。無敗のクロフォードによく挑戦したよ」

って感じでしょう。

でも、クロフォードが負けたら

「おいおいマジか。今まで無敗だったのに、42歳に負けちゃったよ。。。」

みたいになりそう。
ジョージ・フォアマンにKO負けしたマイケル・モーラーみたいに。
(って分かる人いるだろうか? (^^;))

 

クロフォードが負けた場合は、評価がダダ下がりになると思っています。
おそらくPFPランキングもトップ10圏外になるでしょう。

そういう意味ではリスクが高いと言えそうです。

 

勝った方が「頂上決戦」かな?

ずいぶん前にこのカードが浮上した当初は、

「それよりもクロフォード vs スペンスJrの方が見たいなぁ」

と思っていました。

無敗のウェルター級同士の対戦で、事実上の「頂上決戦」でしょう。
勝った方がPFPランキングでも1位に上がりそう。

 

今回「パッキャオ vs クロフォード」の方が先に浮上したということは、勝った方がスペンスJrと戦うのでしょう。
ていうか、そうなってほしい!(笑)

 

ということで、今回のカードも一応成立してほしいなと思っている次第です。

パッキャオがもしも勝ったら、また一つ「伝説」になるでしょうね。

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール