ペニー・ハーダウェイの現在の姿を見たらめちゃカッコよかった

NBA

長年のNBAファンなら、「ペニー・ハーダウェイ」を知らない人はいないでしょう。

「ペニー」は愛称で、正しい名前はアンファニー・ハーダウェイ。
シャックがオーランド・マジック時代にコンビを組んだ、素晴らしいポイントガード(以下、PG)です。

現在、母校のメンフィス大学のヘッドコーチ(以下、HC)をしているという情報は以前から知っていたのですが、どんな姿なのか(太ったかとか、老けたかとか)は知らずにいました。

で、ふとしたきっかけで現在の姿を調べてみたのですが、「現役復帰できるんじゃないか?」と思うくらい現役時代と変わっていなくて感激でした。

 

 

ケガさえなければ…

ペニー・ハーダウェイは、本当に素晴らしい選手でした。ケガをする前までは。
無理やり今のNBAでたとえるなら、ウェストブルックやデュラントぐらいの選手では?

NBA入りして4シーズン目(だったかな?)にヒザのケガをして、以降はケガに悩まされ続けて、思うように活躍できずに現役を終えました。

が、ケガをする前の4シーズンはインパクト絶大でした。
PGとSGの両方ができて(SFもできた?)、当時の選手で例えるならマジック・ジョンソンとマイケル・ジョーダンを足して2で割ったような選手でした。パスセンスもボールコントロールもフィジカルも抜群。

ナイキが選手の名前のついたバッシュを売り出したのは、ジョーダンに次いで2人目じゃないかと。
「Air Penny」、当時持っていました。
ついでにいうと、ペニーモデルだった「Air Foamposite One」も通算で5足持っていました(現役2足を含む)。

 

「ヒザのケガがなく、コンディションの問題なくプレーできていたらどうなっていたのだろう?」と思うような選手だったし(グラント・ヒルもそうでしたが)、好きな選手でした。

 

現在のHCの姿がカッコよかった

で、現在メンフィス大学のHCをしているのをふと思い出し、「そういえばペニーって、HCとして活躍しているのかなぁ?歳もとったし、太っちゃってるのかなぁ?」などと思いながら現在の姿をネット検索してみました。

すると、

 

全然太ってない!
見た目が現役時代にかなり近い!

スーツ姿が決まってる!
しかも、スーツなのにシューズはバッシュ!
(Air Foamposite OneだったりAir Jordanだったり)

 

HCとして真剣に戦況を見ているからか、精悍な顔だち。
年齢49歳。ケガをしてからは、そんなにハードにトレーニングできていないと思うのですが、体型が現役時代とほとんど変わっていないことに驚きでした。日頃から食生活に気をつけているのか、地道にトレーニングしているのかのどちらかなのでしょうけど、どちらにしても素晴らしい。

そして、バッシュ姿(スーツなのに)!
勝手な推測ですが、

「HCとしてコートに踏み入れることもあるのに、革靴だと失礼だ」

みたいなポリシーがあるのでしょうか。
妙にスーツとマッチしていてカッコよかったです。

(「Penny Hardaway Memphis coach」などで画像検索してみると、最近の姿が見られます)

 

年齢を重ねても若々しくありたい

ペニー・ハーダウェイの現在の姿を見て、

「年齢を重ねても若々しくいられるものだな。若々しくいるのも老け込むのも自分次第だな」

と感じました。

歳をとることは避けられないし、体力的に衰えていくことも避けようがないですが、心持ちと心がけ次第で若々しさは失わずにいられるんじゃないかと思えてきました。

45歳の自分はまだハナタレ小僧。まだまだこれから。
そのぐらいの心づもりでいようと思います。

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール