iPhone13をメイン端末にして1ヶ月。よくなったこと・困ったこと等

BlackBerry,アイテム

従来よりスマホはプライベート用と仕事用の2台体制にしているのですが、

メイン(プライベート用):BlackBerry KEY2
サブ(仕事用):iPhone XR

から

メイン:iPhone 13
サブ:BlackBerry KEY2

にスイッチして1ヶ月が経ちました。

ということで、自分なりに感じたことを備忘記録として書くことにしました。

 

 

よくなったこと

メインとサブで端末をスイッチして良くなったことといえば、

 

う~ん……特にない

 

です(苦笑)。

使用しているアプリに「androidにしかない」「iOSにしかない」というものがないので、アプリの入れ替えもほとんど出来ているし、不都合があまりないです。
(5年前くらいならけっこうあったと思うのですが)

 

強いて挙げるなら、3年前の端末から最新端末になったことで挙動が速くなったことかと(笑)。
(大きな差ではないけれど、体感レベルの違いはあります)

 

困ったこと

反対に困ったことといえば、

 

う~ん……特にない

 

ですね(苦笑)。

切り替える前は、困る場面として「スケジュールを入力する時」と「メモをする時」を想定していました。
今までならプライベート・仕事を問わず全ての予定をBlackBerryにプチプチ入力していたし、メモも同様でした。

メインをiPhoneにしたことで、このあたりの入力をどうしようかと思っていたのですが、結局そういう場面ではBlackBerryを取り出して従来どおりプチプチ入力しているので変わりないです(笑)。

やっぱりQWERTYキー(物理キーボード)で文字入力する方が、私にとってはラクであり効率的です。

 

工夫していること

「工夫」と言っていいのかビミョーですが(苦笑)、メール(特に仕事の)については、メーラーアプリをBlackBerry、iPhoneの両端末に入れて、両方から送受信できるようにしています。

常時手に取れる状態にしているのがiPhoneなので、何かメールが来ればまずiPhoneで確認します。
短文の返信で済むならそのままiPhoneで返信しますが、緊急かつ長文の返信が必要な場合には、そこでBlackBerryを出してプチプチ書くことにしています。

今は自宅で仕事をすることが多くなっているので、ほとんどはPCで済ませられますが(笑)、外出時に2~3回上記のような対応をして、「あぁ、これでいけそうだな」という手ごたえを掴みました。

 

結論

この1ヶ月で自分なりに感じたのは、

・2台持ちなら、メイン/サブをどっちにするかは特に問題ない

・古くなってしまったBlackBerry1台だけだと困るが(苦笑)、2台持ちなら安心

・BlackBerryの新端末が出るかどうか分からないので、当面この運用で

ということです。

BlackBerryの新端末が出たらまたメインを切り替えたいところですが、新端末が出るのかどうか、さらにはその後にも後継機の発売がつづくのかどうかも不透明なので、BlackBerryはサブ扱いのままがいいかもなぁと思っています。

 

ていうか、BlackBerry早く発売してくれよ~!(泣)

 

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール