プロテイン選び失敗。いきなりデカいやつを買ってはいけない

日常の出来事,学び

先日、プロテインを購入したのですが、久しぶりに失敗しました。
自戒も込めて、今回失敗した反省と教訓を書いておきます(笑)。

 

 

味付きプロテインを試してみた

これ自体は失敗ではないのですが、久しぶりに味付きプロテインを買ってみました。
2年ほど前にこんなこと(↓)を書いて、以来ずっとプレーンタイプ(味なし)のプロテインを摂っていたのですが、味のないやつを水に溶かして飲むことに飽きがきてしまいました(苦笑)。

 

 

といっても、国内外にたくさんのメーカー、種類、味のプロテインがあり、価格もいろいろなので、すぐに「これにしよう!」とは選べず。

そこで、以下の4つの基準で絞り込みました。

・WPCではなくWPI

・味はコーヒーにも合わせられそうなもの

・保存料や着色料のような余計な添加物はない方がいい

・価格は安いに越したことはない(笑)

 

「WPC」と「WPI」の違いは、超簡単に表現すれば品質・価格ともに「WPI>WPC」です(詳細はググってみてください)。ここ1年半はWPIにしていたので、継続してWPIにすることにしました。

朝はアイスコーヒーに溶かして飲んでいるので、コーヒーにも合わせられる味にしようと思いました。
となると、フルーツ系や紅茶系の味はパスで、バニラかチョコレート系の味がいいなと。バニラ味ならバニララテっぽく、チョコ系の味ならカフェモカっぽくなるだろうということで(笑)。

 

やってもうた…

ドラッグストアに上記にあてはまるものはなく(そもそも品数が少ない)、Amazonで探して購入しました。

米国製のミルクチョコ味のやつで、価格がリーズナブルなもの。レビューの評価も高め。

 

その代わり、量(重さ)が5.0lbs(≒2,268g)…

 

到着して開封した時に思ったのが

 

「デ、デケエ……(汗)」

 

でした(笑)。

上の画像のとおり、2lのペットボトルと並べてこの存在感です。
とはいえ、3か月ほどでなくなるだろうと見込んでいたので、まあいいかと。
デカいはデカいけど、そこは失敗ではありませんでした。

 

いけなかったのは、味。
とにかく

 

あま~~~い!!!

 

「このぐらい甘いかも」と想像していた5~6倍は甘い。
無糖のアイスコーヒーに溶かしても、甘~いカフェモカになってしまうレベル。

甘いものが大好きなアメリカ人に合わせた味なのでしょうか?
甘さ控えめを好む私には、強烈すぎる甘さでした。

 

まだ摂り始めて2日ですが、最後まで摂りきれるか不安です。

味の甘さと同時に、自分のプロテイン選びの甘さも痛感しました(苦笑)。

 

プロテイン選びの教訓

今回学んだことを箇条書きすると、こんな感じです。

 

・味付きプロテインは、味も甘さもいろいろ。(何らかの形で)味見ができるならした方がいい

・味がよく分からないのに、いきなりデカいサイズを買ってはいけない。最初は1kg以下のものがいい

・そう簡単に自分にベストなプロテインに出会えると思わない方がいい。いろいろ試してみるべし

 

今回購入したやつは、もう少し続けてみるけれど、厳しそうだったら途中でやめようかなと思います。
プロテイン自体がマトモだとしても、あの甘さがカラダに良いものとは思えないし(苦笑)。

早速もういっちょ探すことにします(笑)。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール