中止、延期、中断・・・フツーにできる・見られることがありがたく感じる

雑感

スポーツや音楽、舞台等のイベントのみならず、仕事や日常のイベントも中止、延期、中断が相次いでいます。

ここまでの状況になるとは想像しておらず、また初めての経験なので動揺せずにいられないのですが、この危機的な状況を脱して種々のイベントが予定通りかつ制限なく出来るようになった時は、これまでにないほどのありがたさを感じるだろうなぁと思っています。

 

 

「中止」「延期」「中断」でも仕方ない…

スポーツが好きなのでスポーツにフォーカスしますが、いろんなイベントが中止か延期または中断になっています(2020年4月2日現在)。

東京オリンピック…延期
ロンドンマラソン…延期
サッカー 欧州選手権…延期
サッカー 南米選手権…延期
テニス 全英オープン(ウィンブルドン)…中止
テニス 全仏オープン…延期
ジロ・デ・イタリア(Gilo d’Italia)…延期
F1 第1戦オーストラリアGP…中止
F1 第2戦~6戦…延期
F1 第7戦モナコGP…中止
NBA…無期限中断中
MLB…開幕無期限延期
サッカー 各国リーグ戦…無期限中断中
ゴルフ マスターズ、全米プロゴルフ…延期
ラグビートップリーグ…今季終了
スーパーラグビー…無期限中断中
ボクシング…5月頃までの予定試合を延期

 

ぱっと浮かぶのはこのぐらいですが、他にも数多くの大会やイベントが中止/延期/中断になっているかと。

こればかりは仕方ないなと思っています。
選手も関係者も観客も関係なく、感染リスクがある状況なので、どうしようもないです。

 

無観客で開催するという選択肢もないわけではないですが、

・移動を含むいろんな場所・場面で選手、関係者の感染リスクは不可避
・チケットや会場内売店での収入はゼロになる
・TV放映権料等の大きな収入源がなければ採算厳しい
・サテライトビューイングのような別会場で集まっての観戦もNG
・歓声がない中での試合は、選手もテンションやモチベーションを上げにくい

等々のリスクや不都合があり、特に収益性がガクンと下がると思うので、厳しいものがあります。

本当にどうしようもないです…

 

何事もなく開催されることのありがたさ

今のような状況になって感じるのは、

去年まで何事もなくフツーに開催されていたのは、ありがたいことだったんだな

ということです。

 

マラソンのレースも(天候のリスクはあるけど)毎年当たり前のように参加できたし、いろんな試合もチケットさえゲットできれば見に行けたし、TVで観戦できたし。

外出自粛期間の今も、スポーツ中継をやっていれば退屈することなく過ごせるけれど、それがないので過去の名勝負等を見るしかないなぁと(TVでやってくれるといいのに…)。

 

身近なイベントでは、来週我が子の始業式・入学式が予定通り行われるかどうかも流動的だし、その後平常通り通学できるかどうかも分からないです。
こんなことは今までなかったので、これまでの「平常」「通常」が一層ありがたいことだったんだなと。

 

今は制限されることやできないことがあるけれど、「何もできない」わけではないから、できることにフォーカスしてコツコツやろうかと。
ケトルベルを使ったトレーニングも含めて(笑)。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール