NBAファン約30年で最大級のショック。さすがに受け入れ難い…

NBA

NBAファンになって約30年。
NBAに関してこれまでの最大の衝撃と言えば、マジック・ジョンソンの引退とマイケル・ジョーダンの最初の引退でしたが、今日起こったこともそれと同じくらい衝撃です。

 

 

まだ信じられない

ラントレのために5時過ぎに起きて、普段ならスマホを見ずに着替え始めて走る準備をするのですが、なぜかスマホを見ました。

見たら、タイムラインにコービーのニュースが…

受け入れ難い情報が入ると、

「冗談だろう?フェイクだろう?」という軽いリアクションか、

「ウソか夢であってくれよ!」という重たいリアクション

のどちらかをするものですが、今回は後者。
慌ててあちこちのアメリカのニュースサイトをあたりましたが、どこでも報じていました。

 

10分ほど茫然。

気分が落ち着かないままラントレして(明日以降雨か雪っぽいので)、帰ってから再びニュースサイトをあちこち見たましたが、やっぱり事実のようで。

これを書いている今も「本当なのか?」という感じで、まだ完全には受け入れられないでいます。

 

殿堂入りもまだだった

先週、デレク・ジーターの野球殿堂入りのことを書きましたが、コービーのバスケットボール殿堂入りはもうすぐでした(間違いなく一発選出だったでしょう)。

殿堂入りの表彰でのスピーチは、歴代のどの選手も感動的で素晴らしくて、コービーのスピーチも楽しみにしていたのですが…。

 

つい先月、コービーが車の事故現場で人助けをしていたというニュースを見たのに。

レブロン・ジェームズがコービーの通算得点記録を超えた翌日に、こんなことになるとは。

しかも、13歳のお嬢さんまで……
(12歳の娘を持つ父親としては、このことでも一層悲しくなる)

 

個人的にはジョーダンがGOATだと思っているのですが、コービーは「歴代で一番ジョーダンに近い」選手でした。
熱狂的なコービーファンではなかったけれど、コービーは間違いなくレジェンドだったし、NBAファン歴20年以内の人なら、コービーがリアルタイムのスーパースターだったという人も多かったはず。
引退した後とはいえ、「早すぎる」としか言いようがありません…

 

事故や病気がないことは幸運なことだと改めて思う

2020年の10大ニュースの一つが、1月にいきなり来た感じです。

世の中、誰に何が起こるか分からないというけれど、本当にそうだなと実感します。
そして、家族も自分も無事に毎日生活できていることは、それだけでも幸運なんだなとも感じます。

 

ニュース映像をネットで見ていると、プレーしている現役選手たちも相当ショックだったことが分かります。中には現役時代に一緒にプレーしていた選手もいたでしょうし。

しばらくの間、NBAはコービー追悼ムードでしょうけれど、オールスターぐらいからまた活気を取り戻してほしいです。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール