朝ランニングをしたその日は一日中自分と戦える

ランニング、マラソン, 雑感

負けず嫌いではあるけれど、人と戦う・争うことは好きではないという、少し矛盾したところがあるのですが(苦笑)、自分と戦うことは好きです。毎日戦っているとも言えます。

過去の自分との戦い、弱い自分との戦い等。

勝ったり負けたりです(苦笑)。

 

で、ある朝ふと思ったことに

「朝走ると、一日中自分と戦うことになるなぁ」

というのがあります。

 

 

朝起きた瞬間から「戦い」は始まる

朝ランニングする日は、起きた瞬間から自分との戦いが始まります。

「暑さ・寒さに負けて、「今日はいいや。寝よ」と考えそうになる弱い自分との戦い」

です。

自分との戦いだと意識する前は、この思考になって二度寝することも多々あったのですが(苦笑)、意識するようになってからは

「いかんいかん!自分に負けてるぞ!」

と思うようになり、起き上がれるようになっています。

 

で、外に出て走る時には、あらかじめ決めておいた距離、時間、ペースで走るので、

「根負けして距離、時間、ペースを落としてしまう弱い自分との戦い」

があります。

あまり無茶な負荷をかけたりはしないのですが、それでも決してラクではないです。
甘さ・弱さが出ないように、そしてレースで心が折れないように、やり切ります。
終わった後は達成感と同じくらいの疲労感が出ますが(苦笑)。

 

走り終われば切り替えてすぐに日常生活に戻るので、

「ダラダラしたり、必要以上に休憩時間をとろうとする弱い自分との戦い」

をします。
朝がめちゃめちゃ弱い子供たちを起こして、遅刻しないように学校に行かせるという「戦い」もありますが(笑)。

負荷きつめのランをした日はしばらく放心状態になることもあるのですが(笑)、最近は敢えて時間を制限してそうならないようにしています。
ここではあまり負けません(笑)。

 

仕事を始めれば、

「パフォーマンスを落としそうな、そしてそれをランニングのせいにしそうな弱い自分との戦い」

です。

ランニングを始めた当初は、パフォーマンスがイマイチだった時にランニングのせいにすることがあったのですが、自分の周囲に同じように走りながらもバリバリやっている人がいたので、今は改めています。
ここで負けることもありません。
パフォーマンスが悪かったとしても、それは自分のせいです。

 

夕方、仕事を終える頃には「眠くなりそうな自分との戦い」があるし、食事の時は「空腹を理由に爆食しそうな自分との戦い」もあります。

ランニングと関係のない「戦い」もありますが(苦笑)、いずれにしても自分が相手だと絶対負けたくありません(笑)。

 

ランニングによって増える自分との戦い

ランニングがなくても「自分との戦い」はあるでしょうけど、ランニングがあると「自分との戦い」の場は増えます。
レースに参加すれば、毎回「自分のベストタイム(過去の自分)との戦い」です。

 

戦いに飢えている人は(そんなにいないかな…)、ランニングで自分と戦ってみることをおすすめします。

走る時は、その日の目標とする距離 or 時間とペースをあらかじめ設定しておくとよいでしょう。
すべて達成できたら勝ち、一つでもできなければ負け、というシンプルなルールで。

自分はなかなか手強いです(笑)。

     

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール