ドリームチームから29年。やっぱりあのチームは唯一無二

NBA

つい昨日、Facebookのタイムラインを見ていたら「1992年6月28日に”ドリームチーム”がデビューした」という内容の記事が出ていました。

「もう29年になるのか」
と自分の歳を感じましたが(苦笑)、その記事に貼られていたデビュー戦のアメリカ大陸予選(vsキューバ)のハイライト映像を見て、改めてあのドリームチームは唯一無二だと感じました。

 

 

あのチーム以上にワクワクしたチームはない

NBAでもサッカーでも他のチームスポーツでも、スター揃いの「すごいチーム」というのが時々ありますが、後にも先にも「ドリームチーム」以上にワクワクしたチームはありません。
「試合前から勝ち決定」みたいなチームでもありました(笑)。

マジック・ジョンソン、ラリー・バード、マイケル・ジョーダンという、当時の「オールタイムベスト」に必ず選ばれた3人が同じチームになり、しかも当時の各ポジションのトップ選手が集結。
誰がスタメンでも、誰がベンチでも全然問題ない感じ。

たとえるなら、アベンジャーズみたいな感じでした(笑)。
結果的に、当時の学生選手だったクリスチャン・レイトナー以外の全員が殿堂入りしましたし。

 

NBAのオールスターゲームでも組まれることのない豪華すぎるチームだったので、デビュー戦は興奮してTV観戦しました。
試合前、メンバーが次々と紹介される時から「おおっ!おおおっ!」と盛り上がったのは、あの試合だけです。

 

オリンピック本戦含め、全チームから100得点・30点差以上!

結果も申し分ない、というか、これ以上を望めないような戦績でした。

上のデビュー戦のスコアは、136-57!
最後のオリンピック決勝のクロアチア戦は117-85。

全チームから100得点以上とり、30点差以上つけての勝利でした。

 

一番苦戦したのは決勝戦でしょう。
唯一前半10分過ぎにリードを奪われたので(当時は20分ハーフ)。

予選と本戦の全14試合を通算しても、5分以上も相手にリードを許したことはなかったのでは?
そのぐらいの差でした(笑)。

 

「ドリーム」はあのチームだけ!

バルセロナオリンピックの後も、「ドリームチーム」という名のアメリカ代表男子バスケットボールチームが結成されてきましたが、自分の中ではどんなにその時の優れた選手を集めても、「ドリームチーム」と言えるのはあの92年のチームだけです。
96年アトランタオリンピックのメンバーも豪華でしたけど、「ジョーダンがいたら…」と思ってしまうし。

ジョーダンがいる・いないの差は大きいし、参加を辞退した選手もいなかったし、92年のチームは本当にダメ出しようのないメンバーだったので。
レイトナー以外(笑)。

 

そんなわけで、オリンピックや世界選手権でアメリカ代表メンバーが発表される度に「ドリームチーム」とメディアが囃し立てるのはやめてほしいなと思っています。

一部大物選手が辞退している時点で、もはや「ドリーム」ではないです。

 

別に「ドリーム」じゃなくてもいいのです。
92年に素晴らしい夢を見させてもらったので(笑)。

 

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなトレーニングジャンキー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す中級市民ランナー(あと6分弱…)。東京マラソンは13年連続ハズレだったのが、2021年10月の大会に初めて当選。果たして走れるのか⁉
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール