「自分が知らないことを知らない」ことは自分が思っている以上に多そう

学び,雑感

最近読んだ本の中に、「自分が知らないことを知らない」ことの危険性に触れた内容がありました。

そのことについてふと考えた時、「自分が知らないことを知らない」ことは、自分が想像している以上に多そうだと感じました。

 

 

「知っている」「知らない」の2×2のマトリックス

「知らないことを知らない」とだけ書くと分かりにくいので(苦笑)、「知っている」と「知らない」のマトリックス図をイメージするとよいかと。
縦軸は「知っていることを」と「知らないことを」で、横軸は「知っている」「知らない」です。

 

 

①は「知っていることを知っている」

②は「知っていることを知らない」

③は「知らないことを知っている」

④は「知らないことを知らない」

になります。

それぞれを自分なりに定義すると、

①専門分野でしっかり学んだことや経験していて、自分の中に確固たる知識として存在すること

②知っていると自分で認識していないけれど、感覚的に分かっていること(直感や感覚、センスに近い)

③専門外のことやしっかり学んだこのないものなど、自分が知らないということがわかっていること

 

で、④については最初

「全くの未知のものやアタマにも浮かんだことのないものだろう。自分の中では一番多いだろうな」

ぐらいに思っていたのですが、よくよく考えれば

「知っていると自分では思っているけれど、本当には分かっていないこと」

も含まれるんじゃないかと思いました。要するに、知ったかぶっているだけのものです。
これもまた「知らないことを知らない」なのではないかと。

 

そう考えると、上の①にあるものの中に本当は④に相当するものがあるかもしれず、「思っているよりも多そうだ」と感じたのです。

 

「思い込み」をなくす。アップデートを欠かさない。

未知のもの、アタマに浮かんだことのないものも多いですが、①なようで実は④なものも自分には多そうです。

前者を少なくしていくことも大切ですが、同時に後者もなくしていかないと危険だなと感じます。
そのためにも、「思い込み(=固定観念)」をなくすことが大切なのかなと思います。知識をアップデートすることも含みますね。

 

「こうなったらこうだ」とか「こうすればこうなる」と自動的に(勝手に)結びつけるのではなく、少しでも「いや待てよ、本当にそうか?」「それで正しいのか?」と考えないとなぁと思いました。

思い当たるフシがあったので…(苦笑)。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール