EURO、コパアメリカ延期決定。来年の過密日程がちょっと心配

サッカー

昨日、今年開催が予定されていたサッカー欧州選手権(EURO)と南米選手権(コパアメリカ)の延期が決定されたとのニュースがありました。

両方とも来年に1年延期とのこと。COVID-19の感染拡大が欧州強豪国で起こっており、フランスやイタリアでは外出禁止令が出ているほどなので、「そうするしかない」という状況なのだと思います。
今、各国のリーグ戦やCL、ELが中断しているということは、再開後の日程も過密です。万全の状態でEURO、コパアメリカに臨むのは期待できないし、今年は開催を見合わせるのが賢明かと。

ただ、そうなると玉突き事故ではないけれど、来年の日程がパンパンになるんじゃないかと心配になります。

 

 

日程激変

ワールドカップとEUROは、ともに4年に一度の開催です。
これまでは「ワールドカップの2年後にEURO、その2年後にワールドカップ、……」という感じで行われていました(ちなみに、ワールドカップ開催年は冬季オリンピック開催年、EURO開催年は夏季オリンピック開催年でもある)。

そのため、たとえば2014年をスタートとすると、それぞれの大会予選もざっくり下記のような感じで流れていました。

2014年:ワールドカップ本大会
2015年:EURO予選
2016年:EURO本大会
2017年:ワールドカップ予選
2018年:ワールドカップ本大会

偏りというか超過密にならないようなスケジュールで流れていたのが、今回の延期に伴って、2021年はEURO本大会とワールドカップ予選が重なることになりそう。
これがちょっと心配です。

いや、見る側からすれば真剣勝負をたくさん見られるのは良いのですが(笑)、選手は間違いなくきつくなるでしょう。上記の代表戦に加えて、所属クラブのリーグ戦、カップ戦、CL(EL)をこなさないといけないので、コンディショニングが大変そうです。「回復の早さ」「ケガの少なさ」「パフォーマンスの安定性」の重要性がますます高くなるかと。

 

南米はもっと大変かも

ヨーロッパも大変そうですが、南米はもっと大変かも。
まず、代表選手のほとんどがヨーロッパのクラブに所属しているので、代表戦の度に長距離移動が必要です。
これだけでも大変ですけど、さらに大変なのは、

 

ワールドカップ本大会以外、ず~っと同じ国との試合がつづく

ことかと。

ワールドカップ南米予選はヨーロッパ予選と違い、5~6か国のグループに分けて総当たり戦というのがなくて、南米すべての国との総当たり戦です。ブラジルvsアルゼンチン、アルゼンチンvsウルグアイ、ブラジルvsチリ、アルゼンチンvsコロンビアといった試合が毎回あります。
コパアメリカも全ての南米の国が参加するので、対戦する国はすべてワールドカップ南米予選でも対戦する国でもあります。
「またあいつらとやるのかよ…」というのが普通にあります(笑)。

で、コパアメリカが延期になってワールドカップ予選と重なると、ヘタすると1年間で4試合ぐらい同じ国と対戦することになるんじゃないかと。しかも全部ガチ勝負で。
そういうのは、ヨーロッパやアジアにはない特有のものだと思います。

 

OJTのような感じで強化するしかなさそう

選手は選手で大変ですが、監督も大変でしょう。
強化合宿などの、チーム力アップのための時間がとれないんじゃないかと。

チーム戦術の浸透や選手間の連係を深めるためにも一定期間のトレーニングキャンプのようなものは必要だと思うのですが、日程が過密化すると、そんなことも言ってられなくなりそうです。
となると、OJTじゃないけれど、試合をバンバンやる中で強化していくしかないのかなぁと思います。

常に結果を求められている監督は悩ましいだろうなと推察されます。

 

こうしてみればどうか

日程が過密になりそうなので、少し大会とか削った方がいいんじゃないかと思います。

 

まず、UEFAネーションズリーグ。

あれ、いらないっしょ(笑)。
来年は中止、なんなら廃止でもいいと思っています。

 

あとクラブワールドカップ。

今年の大会を中止するかどうかは今年秋以降の状況次第でしょうけど、来年2021年の大会は中国で6月中旬~7月初旬に行われる予定のようです。
見事にEURO、コパアメリカと重なります。

日程は見直されるでしょうけど、「もうやらなくていいんじゃない?」と個人的に思っています。
昔のトヨタカップのような「ヨーロッパ王者vs南米王者」の一発真剣勝負が好きだったので、元に戻してほしいです(笑)。

 

どうなる/どうするにしても、まずは再開を願うのみです。
日本も世界各国もCOVID-19問題の終息が見えず、今後のあらゆるスポーツイベントの見通しも不透明な状況なので、辛抱強く待つしかないですね。

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール