ランニングシューズ選びでアシックスとミズノを回避してしまう2つの理由

サッカー,ランニング、マラソン,アイテム

今やナイキがすごい勢いでシェアを伸ばしているランニングシューズ。
私も例外ではなく、ナイキのズームフライ3を使用しています。
(アルファフライが発売されたら買う予定♪)

一時期はアディダスを履いていたし、今もNEWTONをトレーニングに使用していますが、日本のメーカーであるアシックスとミズノはなぜか使用していません。
「なぜか」と書きましたが一応理由があるので(笑)、それを書いておきます。

 


↑ボクシングで使っていたレスリングシューズはアシックスだった。

 

理由1.ソールの「ガリガリ」が苦手…

「ガリガリ」では分かりませんね(苦笑)。

私はソール(靴底)の細かいイボイボしたやつが苦手なのです。
具体的にはこんなやつ↓

 

この「ガリガリ」は、アシックスとミズノのシューズに多いです(アディダスにもニューバランスにもあります)。シューズのカテゴリーだと「上級者向け」のシューズです。
軽量で、かつグリップ力を保つために搭載されているのだと理解していますが、あれが苦手で…。

あの「ガリガリ」、足への感触も「ガリッ」という感じがするし、プラスチックっぽくて耐久性がなさそうだし、路面がウェットの時に走っていると滑りそうな感じがするのです。
いや、実際に滑ったことがあります(アディダスのシューズでしたが)。

足の感触と滑った経験から「あのガリガリはヤダ」となっていて、個人的には普通のゴムっぽい感じのソールが好きです。

 

「じゃあ、上級者向けのシューズじゃなくて、初中級者向けのシューズにすればいいじゃん。どうせ大して速くないんだし」

 

というツッコミもあるでしょう。分かります(苦笑)。

でも、アシックスやミズノの初中級者向けのシューズを見て「かっこいい!」と思ったことがありません…。
どれも「ザ・初中級者向け」という感じのデザインで、「さあ、コレ履いてガンガン走るぞ!」というやる気が起きにくいというか…。

どのメーカーでも、上級者向けの洗練されたデザインのシューズがカッコいいと感じるし実際に履き心地も良いので、そっちのカテゴリーから選ぶのですが、そうなると「ガリガリ」は回避したいのです。

 

ナイキも以前は上級者向けのシューズに「ガリガリ」を搭載していたので、その時は回避していました(NEWTON一択でした)。
が、ズームストリーク6あたりからゴムの底になっているので、今や選択肢としてアリなのです(ヴェイパーフライやズームフライがなかったとしても)。

 

仮にアシックスやミズノが、アルファフライよりもすごいシューズを開発したとしても、ソールが「ガリガリ」だったら私は回避するでしょう。
そのぐらい苦手です…。

 

理由2.「○○使用モデル」がない…

こっちの方が大きな理由かも。

実は、小中学生時代にサッカーをしていた当時からそうでした(アディダス、プーマ、パトリックばかり)。

小学生当時、カレカがミズノのスパイクを履いていて、カレカが使っているスパイクがカッコいいなぁと思っていたのですが、カレカ使用モデルは販売されていませんでした。
一応「カレカモデル」という名前のスパイクはあったのですが、それをカレカ本人がセレソンやナポリで履いている姿を見たことは一度もありませんでした。一度も、です…。

「本人が使ってないのに「○○モデル」はないだろう」
と、子供心に思ったものでした。

 

それと中学生当時、フランコ・バレージとジャンルカ・ヴィアリがアシックスのスパイクを履いていました。
(バレージは現役引退までアシックスだったし、ロベルト・マンチーニも履いていましたね)
当然「バレージ使用モデル」が欲しかったのですが、全然販売されていませんでした。
あれば多少高くても、お年玉と貯金で買う気マンマンでしたが…。

 

サッカーでそんな経験をしていたのですが、ランニングシューズでも同様でした。
「看板」とも言える大物選手の使用モデルが、なぜか販売されません…。

別に、足型とかディテールまで同じにしろとは言いません。ただ、同じデザインとカラーで市販してもいいんじゃないかなぁ、と思うのです。

具体的に言うと、2019年アイアンマン世界チャンピオン兼コースレコードホルダーのヤン・フロデノというトライアスリートがいます。
その選手、ランではアシックスのシューズを使用していたのですが、使用シューズはオリジナルなのか、市販されていないようなのです(探してみたけど見当たらず…)。
「フロデノ使用モデル」があれば買っていたと思うのですが、ないのでアシックスを選ぼうという気は起きません。

そんで、そのフロデノはアシックスから他のメーカーに変えるみたいだし……

あと、一時期ハビエル・ゴメス(これまたトライアスリート)もミズノのシューズを履いていたけれど、やはり使用モデルは販売されていませんでした。

 

この点、アディダスやナイキは契約選手の使用モデルがそのまま販売されているところがいいなと思っています。サッカーでもマラソンでもバスケでも。

アシックスやミズノは「契約選手用のスペシャルモデルだけがカッコよくて、市販されているシューズがいまいちカッコよくない」というのがどうもなぁ…と思うのです。

 

「超大物選手と契約」「その選手の使用モデルを販売」が欲しい

こんな理由を書いていると、アディダスとナイキがサッカーやマラソン(他にもいろいろ)でシェアが高いのは納得な気がしています。

「スター選手と契約して、その選手の使用モデルを販売している」というのをきっちりやっているので。

ランニングシューズの場合、「○○モデル」という形のスペシャルモデルはないけれど、みんな同じデザインのシューズを履いているので、性能でも説得力があるような感じがします。
サッカーやバスケは言わずもがなでしょう。

 

アシックスやミズノが嫌いなわけではないけれど、↑がないのでなかなか「好き」になれないのです。

でも将来、マラソンかトライアスロンからとんでもない選手が現れて、その選手がアシックスかミズノのシューズを履いていて、しかもその選手使用モデルが市販されている。

そういう状況が来れば有力な選択肢にするでしょう。

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール