「キャリア1チーム」最後の選手は誰になりそうか予想してみた

雑感

プロデビューから現役引退までずっと同じチームでプレーする選手。
どんどん少なくなっています。

お金や、チームの方針や、選手自身の考えなど、いろんな要素が絡むもので、キャリア途中で移籍したりするのは誰にでもありうることだし、残留/移籍に善悪はつけられません。

 

ただ、「キャリア1チーム」の選手が少なくなってきていることは事実で、この流れは今後もつづくでしょう。
そうだとすれば、「最後の一人」になる選手が今の現役選手にいるんじゃないかと。

ということで、予想してみました。
サッカーとNBAとMLBだけですが(苦笑)。

※ここでは「キャリア1チーム」を「トップチームでのデビューから現役引退まで同一チーム」ということにしておきます。
(ユースチーム時代は除くことにします)

 

 

サッカー

デビューしたチームがビッグクラブでない限り、キャリア途中での移籍(特に中堅クラブ→ビッグクラブ)は誰にでもありうるでしょう。
本気で勝つことを目指しているクラブは、優れた選手を獲得するための予算を惜しまないし。

40過ぎのオッサンには、最近の移籍情報に出てくる移籍金額はドン引きするレベルです(笑)。

 

「Priceless」な選手は、バルサのメッシぐらいじゃないかと。今後も。

メッシのアルゼンチン代表でのプレーを見ていると、他のチームでバルサと同じようなパフォーマンスを見せるとは想像しにくいです。

バルサにとっては「メッシあってのバルサ」だし、メッシにとっても「バルサあってのメッシ」。
どちらも欠かすことのできない関係じゃないかと思っています。

ということで、リオネル・メッシが「最後の一人」になるんじゃないかなぁと思っています。
(他にいるかなぁ…?)

 

NBA

サッカーよりはまだ多いんじゃないかと思っていましたが、勝手が違ってきている感じもします。

選手自身がNBAチャンピオンに近づけるチームへの移籍を希望することもあるし、チーム立て直しのための「1対○」の大型トレードもよくあるし。

 

それにしても、ラッセル・ウェストブルックにトレードの話が浮上するとは思ってもいませんでした。
3年連続平均トリプルダブルを達成して、ついこないだ4年間の契約更新をしたばかりなのに。
まだ何も決定していないけれど、ウェストブルックぐらいの選手でも移籍がありうるとなると、「最後」となる選手が今いてもおかしくなさそうです。

個人的にはステフ・カリーじゃないかな、と予想しています。

ヤニス・アデトクンボは、数年後どこか優勝できそうなチームに移籍しそう(笑)。
ペリカンズに入団したザイオン・ウィリアムソンも、アンソニー・デイビスが移籍したぐらいなので、ありうるなと。

 

MLB

最近巨額の延長契約をしたマイク・トラウトが最後になりそうかなぁと思っています。

ただ、ちょっと期待しているのは、トラウトより若いオータニサン。
肩を治して、本格的に二刀流で活躍すれば、トラウトと共に長く「二枚看板」でしょう。

ただ、やっぱり将来は分かりません。
トラウトもオータニサンも、ヤンキースやレッドソックス、ドジャース、カブス、ジャイアンツあたりが獲得を目指すかもしれないし、NBAと同様「1対○」のトレードもよくあるので。

結果的にデレク・ジーターが最後だった、ってことはないよなぁとは思いますが……

 

選手にもチームにも条件がある

なんとな~く書いてみましたが、「キャリア1チーム」になりそうな選手に共通して言えるのは、

「実力も人気も圧倒的に優れている選手 + お金と実力を併せ持ったチーム」

であることだと感じます。

選手は実力も人気もないと放出の対象になるし、チームの方もその選手に見合う待遇や優勝を狙える実力がないと、成立しないなと。

 

そんなことを考えると、「チームの看板」と言える選手の移籍も、それほどネガティブなことではないのかも、と思えてきました。
サッカーやNBAでビックリするようなトレード・移籍情報が相次いでいるけれど、勢力図がガラッと変わる可能性もあるので、それを楽しむのがよさそうです。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール