サッカーの生中継を見ることが少なくなった2つの理由

サッカー

ここ最近ふと気づいたことに、「サッカーの生中継をあまり見なくなった」というのがあります。

深夜、あるいは早朝に気合を入れて生中継を見てエキサイトして、その興奮状態のまま朝を迎える、ということがなくなっています。
良いのか悪いのか(笑)。

「なんでだろう?」と考えると、理由が2つ出てきました。

 

 

規則正しい睡眠を優先するようになった

まず、睡眠優先マインドになったことが挙げられます。

ここ2年ぐらいの間に発売された睡眠関連の本を数冊読み、睡眠の大切さを知ってから、「規則正しい睡眠」の日常生活の中での優先順位が高くなりました。

 

もう少し若い頃は、多少の夜更かしや不規則な睡眠、あるいは徹夜も無理ではなかったですが、さすがに年齢も年齢なので(苦笑)、翌日以降のパフォーマンスやコンディションを考えると無茶はできません。

UEFAチャンピオンズリーグやワールドカップでは、決勝戦プラス2~3試合ぐらいは夜遅くても見たいですが、それ以外はさすがにちょっと……

 

TV局で放送されなくなった

DAZN(ダゾーン)の独占放送(配信)が増えています。
リーガ・エスパニョーラ、プレミアリーグ、セリエAは、BSやWOWOWで見ることができるものの、先日のチャンピオンズリーグ決勝や今開催中のコパ・アメリカはDAZNが独占中継をしていて、スカパーを含むTV局で見ることはできません。
DAZNに入会していないので見ることができないでいるのです。

 

「じゃあ入ればいいじゃん!」

と言われれば返す言葉もないですが(苦笑)、毎月1,750円(税抜。2019年6月18日現在)払うなら、もう1つコンテンツが欲しいなと思っているのです。

 

それはNBA。

 

今、NBAは楽天TVで独占配信中。
見たくてしょうがないけれど、料金が安くないのと、あまり好きではない楽天なのがね…

「DAZNでサッカーもNBAも見られるのなら入会しよう」という基準を一応設定しています。
DAZNだと、MLBもNFLもベラトール(MMA)もボクシングもサイクルロードレースも見られるようなので、NBAが加われば申し分ないなと。

欲張りすぎ?(笑)

 

コパ・アメリカは見ていない

そんなわけで、現在開催中のコパ・アメリカは中継を見ていません。
ブラジルとウルグアイの試合が見たいのですが、仕方ないです。

アルゼンチンは初戦を落としたし、イマイチなまま終わるんじゃないかな、と予想しています。
せめて4強ぐらいには進んでほしいですが……

 

それにしても、DAZNが独占配信しているということは、それなりのお金で独占放映権を獲得しているはずで、他のTV局では手も足も出ない額なのかなぁ…なんてことを想像すると、これかもそういう流れ(TV局ではなかなか放送されない)になるのかなぁ、なんて考えます。

TVとの付き合い方もそろそろ考え直す時かも、と思っています。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは13年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール