ロイ・ジョーンズJrの引退は「ああ、引退か…」と「よかった…」の半々

ボクシング

ロイ・ジョーンズJrが、先週の試合をもって引退したようです。
(ただし、後述の通り1試合だけ続行の可能性あり)

49歳。
好きだったボクサーなので、「ああ、引退するのか…」という思いがしましたが、キャリア後半の戦績を振り返ると、好きだったがゆえに

「ああ、やっと引退してくれる。よかった…」

という思いもあります。

 

 

全盛期は本当にすごいボクサーだった

ロイの全盛期は、1990年代から2003年にヘビー級チャンピオンになるまでの時期だったと。

 

本当にすごいボクサーでした。
何がすごいって、フィジカル(特にスピード)と反射神経が人並み外れてすごいボクサー達の中で、ロイだけ一人飛び抜けていたところです。

全盛期は、一発もクリーンヒットを許していなかったのでは?
相手のパンチはヒラヒラかわすか、ガードでいなして、ほとんど相手にマトモに攻撃させなかった印象です。

ロイが攻撃すれば、ジャブもフックも連打も高速で(パワフルと言うより速くて切れ味鋭い)、攻守両方のすごさは人間離れした感じもしました(笑)。

私がボクシングを始めた頃に、動きや連打を真似してみたのですが、まぁ出来ませんでした。いや、出来るわけがない(笑)。

 

「もしも」ですが、フロイド・メイウェザーJrと同じ階級・全盛期同士で一戦があったなら、ロイが圧勝したんじゃないかなぁと思うぐらい、全盛期ロイの強さは圧倒的でした。

 

二度と出てこないかもしれない

ロイの偉業としては、やっぱりミドル級チャンピオンからヘビー級チャンピオンになったことでしょう。

106年ぶりの偉業。
ロイの場合、ミドル→スーパーミドル→ライトヘビーと階級を上げて、長い間ライトヘビー級を主戦場にしていましたが、当時のWBAヘビー級チャンピオンがジョン・ルイースだったからか、ヘビー級で試合できるスレスレまで増量して挑戦して、見事に勝ちました。

普通、ライトヘビー級の選手でもヘビー級でやろうとは思わないですけどね……(笑)。

 

この試合を改めて見ると、明らかに身体はロイの方がちっちゃくて、階級の差があることを感じずにはいられませんでした。

それがそれが。
抜群のスピードで翻弄してクリーンヒットを入れるわ、ルイースのプレッシャーやパンチをかわすわで、圧巻の試合でした。

歴代ベストマッチを10挙げるなら、1つはコレだと思っています。
今後しばらくは(50年ぐらい?)ミドル級チャンピオンからヘビー級チャンピオンになるボクサーは出てこないでしょう。

 

「階級の往復」は難しい

ロイの場合、全盛期を過ぎてからは、ちょっとアレでした。
ヘビー級を獲った後、防衛せずに返上してライトヘビー級に戻したものの、そこからは勝ったり負けたりで……。

筋肉をつけて増量してヘビーまで上げてからライトヘビーに戻したことで、増量前にあった抜群のスピードがなくなってしまった感じがしました。

全盛期は12ラウンドを通じて圧倒的なスピードと反射神経を誇っていたのに、全盛期後はそれがちょろっとしか見られなくなったというか。

 

大偉業を成し遂げたのと同時に、「階級の往復」は難しいことを証明してしまったのがロイだったように思います。

 

キャリア後半は見ていて辛かった…

全盛期を過ぎてからは、勝った試合もあったけれど、負け試合の多くが失神KO負けで、一人のファンとしては見ていて辛い思いがしました。

アントニオ・ターバーとグレンコフ・ジョンソンに連敗したあたりで、もう厳しかったのではないかと。

ジョー・カルザゲにボコボコにされた試合を見て、「もう引退した方がいいんじゃない?」となり、デニス・レべデフにKO負けした時には「頼むからもう引退して!」という思いでした(苦笑)。

それまでの試合も、全盛期とは見違えるほど鈍くなっていたし、「またヤバいパンチもらうんじゃないか」と毎試合ハラハラして見たものです。

 

今回引退を決めたことは、一人のファンとしてはホッとした部分もあります。

 

まだ完全な「引退」ではないっぽい

ただ、まだ「完全に引退」というわけではないようです。

アンデウソン・シウバとボクシングマッチが出来るならやる気があるそうで、アンデウソンと契約しているUFC側に「どうなのよ?やるの?こっちはやるつもりだよ」と持ち掛けているようです。

アンデウソンももうすぐ43歳と、お互いさすがに年齢が年齢なので、実現したとしても「おお!スゲー!」っていうボクシングは期待できないなぁと思っています。
やるなら、もっと早くやってほしかった……

個人的に、この試合は実現しなくてもいいと思っています。
もちろんやるなら気にしますが(笑)。

 

ロイに影響されて、ワークアウトでは今もジョーダンの短パンを履いています。
ジョーダンもロイも好きなので、今後も変えません(笑)。

これからもカッコよさはロイを真似しつづけます。
程遠いのは分かっているけど(苦笑)。

 

 

書いた人

ダイ
スポーツをするのも見るのも好きなマルチスポーツプレイングマニア。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。サブ3.5を目指す現役サブ4ランナー。東京マラソンは11年連続ハズレで出走経験なし…。
BlackBerryとOAKLEYサングラスを愛用。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール