BlackBerryはマジで終わったようだ…

BlackBerry

去年、OnwardMobility社から発売される予定だったのに発売されなかったBlackBerryの5G対応スマホ。

「まぁ気長に待とう」と、しばらく静観していたのですが、静観しているうちにOnwardMobility社自体が終了してしまったようです…。

 

ふと思い立って同社のサイトを除いてみたら、こんな感じのリリースがトップページに。

マジで「終わった」と言えそうです。

 

 

年明けには「まだ終わってへんで! 」と言ってたのに…

元々OnwardMobility社は「2021年発売予定」としていました。
しかし、2020年後半にそう打ち出してから去年何の更新情報もなく、「一体どうなっているんだ?」と思っていました。

遅れているなら遅れている、頓挫したなら頓挫したと、逐一情報提供してくれればいいのになぁと思っていたのですが、誠意がないのか必死だったのか、何の更新もありませんでした。

 

で、年明けにようやく更新情報がありました。

 

当時のコメントを要約すると、

「まだ死んでへんで~。物理QWERTYキー付きの5G端末を開発・発売する計画はまだ進行中やで~」

という内容でした。

 

ただ、(私はだいぶ後になって気づいたのですが)ここで「BlackBerry」という文字がなくなっていたので、この時点で状況が暗転していたのかもしれません。

 

発売がいつ頃になりそうという記述が全くなかったので、

「あまり期待せずに気長に待つしかないな」

と思うようにしました。

 

あまりにも突然だった

こんなふうに思ったのは自分だけかもしれないですが、↑のお知らせはあまりにも急でした。

突然すぎて、「へ?」と拍子抜けしました(苦笑)。

 

OnwardMobility社でどうなっていたのか知る由もありませんでしたが、若干ながらあった期待感・ワクワク感がストンとゼロまで落ちて「あらら」という感じ。

今のところはまだないですが、そのうち

「これまでの1年半以上の期待とワクワクは何だったんだ!!」

という憤りが少しずつ出てくるかもしれないです(笑)。

 

本当に終わったのかもしれない

これで本当にBlackBerryは終わったのかもしれないなと思っています。
他にBlackBerry端末を開発するメーカーもないでしょうし。

 

私はKEY2を今も使っているのですが(すでにメインからサブに格落ちさせています)、KEY2の寿命をもって自分のBlackBerryも終了かと。

(使い慣れているからか)とても使いやすくて、ずっと使っていたいスマホだったのですが、仕方ないです。

 

いち早くiPhoneを使い始めていてよかったとは思うのですが、一言で言うなら「残念」に思いました。

 

さて、次のサブ端末はどうしようか?(笑)

 

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツを見るのも好きなトレーニングジャンキー。サブ3.5を目指す(あと6分弱…)自称中級市民ランナー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール