イタリア大ピンチ!ワールドカップ欧州予選プレイオフがヤバいことになった

サッカー

2022年ワールドカップ欧州予選が先日終わりましたが、2022年3月に行われるプレイオフの組み合わせも先日決定されました。

予選通過とならなかったイタリアは、1994年ワールドカップ欧州予選のプレイオフと同カードになりそうで、ピンチです。大ピンチです。

 

 

「無敗の2位」で終わったイタリア

私が30年以上日本代表より応援しているイタリアは、欧州予選グループCで2位に終わりました(1位はスイス)。
負けはないけれど、引き分けが多かったのが痛かったです…。

 

失点は少ないけれど、得点も少ない。
爆発力があるイタリアを知らないので、イタリアらしいといえばらしいのですが(苦笑)。

スイスとのホーム&アウェイの両方でPKを失敗したのが痛い。痛すぎる。
これで勝ち点3を逃したわけで、(今となっては遅いですが)大きく響きました。
ブルガリアにホームで引き分けたのも痛かったです。

 

94年大会プレイオフを思い出す…

イタリアはプレイオフで出場権を争うことになったのですが、その時から

「ポルトガルとぶつかるのは避けてほしいなぁ」

と思っていました。

 

が、それが現実になりました…。

これも一種の「思考は現実化する」なのか?(泣)

 

イタリアとポルトガル。
1994年アメリカ大会の欧州予選プレイオフを思い出します。

当時はアリーゴ・サッキさんが監督で、ミランのDF4人(タソッティ、コスタクルタ、バレージ、マルディーニ)を中心に、プレッシングの激しいサッカーをしていました(昔で言うところの「ゾーンプレス」ってやつ)。

ポルトガルも当時はフィーゴやルイ・コスタが台頭する前のチームでしたが、決して弱くはありませんでした(でも、今のポルトガルの方が圧倒的に強いと思う)。

 

当時、サン・シーロで行われた2nd LegをTVで見たのですが、前半のイタリアは当時の世界最強だったと思います。

そう感じるぐらい、ものすごいプレッシングでした。
おそらくプレッシングの反復練習を相当やっていたのではないかと。
ボールに近い選手だけでなく、周りの選手も連動して相手のパスコースを塞ぐ動きをして、しかもDFラインはオフサイドトラップを幾度となく仕掛けようとして(ポルトガルは何度も掛かっていた)。
最前線のジュゼッペ・シニョーリとロベルト・バッジョもガンガンにプレスをかけていて、ポルトガルがほとんどキープ出来ない状態でした。

前半がものすごかったので後半はダレていましたが(苦笑)、1-0でモノにして本大会出場の切符を手にしていました。

 

大ピンチ!苦戦必至!

今回のイタリアとポルトガル。

EURO2020王者と2016王者。

くじ引きの結果とはいえ、こんな組み合わせになるとは…。

 

このどちらかが出場できないというのは厳しい…。

間違いなく大ピンチだし、苦戦することでしょう。

 

日本のことを「きびしいねぇ~」なんて言ってられなくなりました(苦笑)。

3月のプレーオフは、イタリアの応援に全集中します。

 

 

 

書いた人

ダイ
ダイ
スポーツを見るのも好きなトレーニングジャンキー。サブ3.5を目指す(あと6分弱…)自称中級市民ランナー。
見る方では、海外サッカー、マラソン、トライアスロン、格闘技全般、NBA、ラグビーが主な守備範囲。
公認会計士 税理士
>>>詳しいプロフィール